野の花大好き 

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2014/08/03 Sun
 まぁー 変わりは無いのだが、
今年も 信州の山を二つ三つ踏んで、

S高ボッチ

ここまで来たのだから少しは歩いて、
「鉢伏山」に登ってみた。

S鉢伏山

ついでという訳でも無いのだけれど、
山形県の 蔵王にでもと思い立って
中部縦貫道→上越道→北関東自動車道→東北道→白石
いつも使う道である。

S-南蔵王
「南蔵王」

S-トキ草
「トキソウ」

S-sawarann.jpg
「サワラン」

ここは何時来ても、いろんな花が咲いている。
先月も、ここに来たのだが、其のときには「ワタスゲ」に「チングルマ」&「ヒナザクラ」
の花園であったのだが、
今は、「キンコウカ」の”お花畑と”なっていた。

S-kinkouka.jpg
「キンコウカ」

S-うらじろようらく
「ウラジロヨウラク」

蔵王にきたのなら、此花も探して見なければ
S-蔵王アザミ
「オニアザミ」

S-zaouazami.jpg
「蔵王アザミ」

此花は、蔵王の名前を頂いた唯一の花である。
違いが判るようなるのには何年かかった?
あははー

まぁー
「キソチドリ」「トンボソウ」・・・
また趣味人倶楽部の写真のようになってしまうから、
花の写真は此れくらいで~

八甲田山 ロープウエー
此処から一時間歩く周遊コースを周ってみた。

S八甲田

田茂湿原と言うそうな、
「御田の神」湿原のように、散策路は無く、花を見る事は出来なかった。
まぁー 残念と言えばそうなのだが、
特別に変わった花も無さそうで「キンコウカ」が群生していた。

S田茂湿原
「八甲田 田茂湿原」

八甲田山は、登山道がはっきりと指定されてしまい
写真撮影の為コースから外れる事も許されていない。
何だかに窮屈な山歩きとなってしまった。
てな訳で、もぅー一山ついでに登ることにした。
さてー さてー
何処が良いかと考えながらに車を走らせるのだが、
青森市内を考えながら運転していると、
国道7号線が目に入ってきた。
そうだ、「矢立て峠」を越えて、秋田方面に向かえば、
通ってきた十和田湖の道を通らずに行ける!
ラッキー また、十和田の峠越えかぁーって、嫌だナァーって、思っていたのだが
気が晴れた。
この決定で、宿も決まった。
「道の駅矢立」である。
ここは温泉も併設されてあり、それなりの部屋で、
ここの夕食(メンマ定食・しゅつる鍋)もまぁーまぁーなのは、
前回 経験済みなので知っている。
温泉に入って、道中の疲れと八甲田の山歩きの疲れを癒して、
秋田駒ケ岳へ

S-駒

コースは対して難しくはなさそう~
ただ、お天気が?
S-駒1

片倉岳に付く頃には雨降り
あははー

S-オノエラン
「オノエラン」

そんなつきの無さを「オノエラン」が慰めてくれる。
コイブキアザミのように花が頭花に集中しているのだが、
葉が全くに違う?

S-羽後アザミ
「ウゴアザミ」

以前から気になっていたのだが、鳥海アザミとは、どこか違うし?
この辺りのアザミの分類もDND鑑定もやっと進んで、
同定できるようになってきた。
たぶんウゴザミで構わないだろう。

雨の中、
「あみだ池」までやってきた、
草の中に、色鮮やかに一際に目を引いている。

S-ミヤマハンショウズル
「コミヤマハンショウズル」

何も見えない
風景はあきらめて、花だけの写真を撮って、
避難小屋まで着いた。

S-駒避難小屋
「秋田駒ヶ岳 避難小屋」

平日だというに、大勢の人々で満員状態である。
圧倒的に中高年女性の姿が多い。
「花の百名山」ったところか?
あははー
この避難小屋で、昼食って言うものの、
コンビニで「おにぎり」って思っていたものの、
コンビニなどと気の利いた物はなくて、
シャトルバス乗り場で、かろうじて「お茶」だけは手に入れたものの、
前回の「非常食」のバナナが一本と、チョコレート一枚だけの、
侘しい昼食~
あははー

昼食を終えて、横岳を目指して歩き始めた。
すこし周りの景色も見えるようになってきたのだが、
その代わりっては何なのだが、
猛烈な風が吹きはじめた!
あははー

立って歩くのがせい一杯。
横岳を越えて「焼森」へ、
此処は「風倒地」?
背の高い植物の姿は無い。
タカネスミレの葉と、辛うじて「イワブクロ」に混じって「コマクサ」の姿くらいである。

S-コマクサ
「コマクサ」
S-イワブクロ
「イワブクロ」

「焼森」
S秋田駒2

火山活動は何時頃まで?
植物は、限られたものしか生育できないようで。
「キバナノコマノツメ」と「タカネスミレ」が一杯の
「秋田駒ヶ岳」を後にした。
S-やけもり












スポンサーサイト
Category: 未分類
2014/06/26 Thu
6-24-s001.jpg



 深い霧の中にあった。
御田の神の湿原は、
まるで神が隠したもうた場所であるかのような静かな夜明け前の一時であった。
その静寂を私は楽しんでいる。
かと言って、霧で濡れた木道で足を滑らせないように、
私は慎重にその桟橋を歩いている。
やがて、その足元も、白く小さな花の顔が確認できるようになってきた、
夜明けである。
梅雨の中休みの夜明けである。
やがてその山並は、不忘山にへと続くであろうか、三角の山陰から太陽がシルエットになって明るくはなってはいるのだが、その太陽の姿は見えない。
姿を現さない太陽は私にとって好都合で、
深い霧は、世の煩わしさを包み隠してくれているような気がして、私には心地よかった。
折からの霧に隅々まで濡れた木道は、まるで白い絨毯を敷き詰めた道である。
明るくなりかけた白い絨毯の道を見てみると、その道はワタスゲとヒナザクラで出来ている。
湿気の塊に包まれたワタスゲは、その綿毛を風にそよがしては居ないけれど、
一際にその白さだけが目を引いている。
その中に混ざって、白い小さな花が咲いている。
あっ
ヒナザクラだ、
昨年八月、独りで登った月山以来の再会である。
小ささ故に一層に可愛く思えてくるから不思議な植物である。
・・・
6-24-s002.jpg

その可愛く小さな花の絨毯の上を歩くのはとても気持ちの良いものである。
ただ、重く湿った空気の塊だけが不快なのだが、その重い塊に蒸し暑さはないのが救われる。
それは、
入梅の真っ只中の今の時期では、仕方の無いことなのかも知れない。
そんな中、
山の神の贈り物であろうか、
赤紫の花が時々に顔を見せ始めた。
「どんと晴れ」
朝の連続ドラマの神の贈り物の花である。
その鮮やかな立ち姿は、まさに「女神」のようであり、
一際に凛と輝いて輪郭の鮮やかで人目を引きつけている。
ハクサンチドリである。

6-24-s003.jpg

その「女神」はどうやら二人お見えのようで、
赤紫の女神のいでたちに変わりはないのだが、
まるで衣をなびかせる様な葉が特徴の、ノビネチドリの女神さまもおいでである。

6-24-s004.jpg

霧の中の散歩道である~♪





Category: 思い
2014/04/03 Thu
14S-001.jpg

時々に思う
何故?
答えはでない、北にきてしまうのであろう?

14S-002.jpg

春まだ浅い、北国では好天は望む事のできない事は分かっている。

14S-003.jpg

入道崎灯台のここも、
下北のそれに似て、木々の生育には適していないのであろう
多くは、冬枯れの野であった。

Category: 風景
2014/03/15 Sat
3-7-s001.jpg

 「極楽とんぼ」
このところ嵌っているのは「お遍路」さん、
別に特別な訳があるのではないのだが、
四国通いが続いている。
般若心経や真言を唱えることは子供の頃から、
祖父や祖母に従って、唱えていたから、人並み以上には唱えられるし、
その点、心経を覚える必要もないから核と言えば楽なのだが、
心構えが出来ては居ない?
あははー

震度5強 !
たいした揺れであった
何でかは知らないけれど、丁度震源地近くであった。
当日、俺は瀬戸内を彷徨い続けて「にぶ川温泉」という処のと有る宿にあった。
筆は進まないし、少々深酒をして、眠りに着いたのだが、
深酒の眠りなど吹き飛ばす勢いの揺れであった。
あははー

3-7-s003.jpg

石鎚山から見た伊予灘
この日は生憎の雪もよう~

3-7-s004.jpg

瀬戸内海を行きかう船
瀬戸は日暮れて 夕波小波
あなたの島へ お嫁にゆくの
若いと誰もが 心配するけれど
愛があるから 大丈夫なの
段々畑と さよならするのよ
幼い弟 行くなと泣いた
男だったら 泣いたりせずに
父さん母さん 大事にしてね

岬まわるの 小さな船が
生まれた島が 遠くになるわ
入江の向うで 見送る人たちに
別れ告げたら 涙が出たわ
島から島へと 渡ってゆくのよ
あなたとこれから 生きてくわたし
瀬戸は夕焼け 明日も晴れる
二人の門出 祝っているわ

Category: 風景
2014/01/28 Tue
「 我昔所造諸悪業 皆由無始貧儘瞋癡 従身口意之所生 一切我今皆懺悔 」
私が昔からつくってきた様々な悪い事はみな、貧(むさぼり)瞋(いかり)癡(おろかさ)によるものであり、
それはすべて私の行為(身)や言葉(口)や考え(意)として起こっています。
私はこれらすべてをことごとく悔い改めます。

まぁー「言うはやすし、行なうはがたし」
そぅーは言うものの、「思い立ったが吉日」と言う事もある。

北海道から一月四日に帰ったわたしは、
三日ほどゆっくり休みをとって、のんびりしたのだが、
三日もブラブラしていたのでは、もぅー体の虫が動き始める。
NHKのテレビを見ていたら、
本四国八十八ヶ所の「お遍路さん」の巡礼の旅をしていた。
そうだ、
やり掛けで「途中まいり」になっている、八十八箇所の本四国に
出かけてみようと、、一月七日には思い立ってしまった。

なににつけても決断は早い(慌て者)?
あははー
一月八日の夜明けには、「明石大橋」を越えて、
明け方に「鳴門大橋」を越え、四国の人となっていた。

sikoku-s001.jpg

四国に渡ったまでは良いのだが、
何処を、どの様に巡ったら良いのか?
全くに方向すら定まらない!
てな訳で、
高速道路のサービースエリアで聞いてみた。
案内の地図を売っていた。
その地図を手に入れて、カーナビに打ち込めば、そこまで連れて行ってくれる、
便利な時代になったものである。

「一番 札所」
sikoku-s002.jpg

「二番 札所」
sikoku-s003.jpg

雨が降っている、
 
有難う!
あははー
途中でカキコが入ったから、
先に進みます。

tusima-s001.jpg

今が一番に美味しい時期
「川由」さんは、縁が無かった!
津島の駅前の魚屋さんで買って来た。

やっぱり、すこし味が違うけれど、
これは自分ではつくる事は出来ない!
あははー


tusima-s002.jpg

木曾川産とか言っていたけれど、
どうやって拵えるの?

ビールのツマミには、すこぶる、よく合う!
あははー

「モロコの甘露煮」
moroko-s001.jpg
「河内おとこ節」

名古屋名どころ芸どころ

日本酒は「南部杜氏」のお酒!!!
「あまちゃん」の舞台、久慈のお酒、どういう酒だった?
これと一緒に飲んでみたい~♪










Category: 思い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。