野の花大好き 未分類

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2014/08/03 Sun
 まぁー 変わりは無いのだが、
今年も 信州の山を二つ三つ踏んで、

S高ボッチ

ここまで来たのだから少しは歩いて、
「鉢伏山」に登ってみた。

S鉢伏山

ついでという訳でも無いのだけれど、
山形県の 蔵王にでもと思い立って
中部縦貫道→上越道→北関東自動車道→東北道→白石
いつも使う道である。

S-南蔵王
「南蔵王」

S-トキ草
「トキソウ」

S-sawarann.jpg
「サワラン」

ここは何時来ても、いろんな花が咲いている。
先月も、ここに来たのだが、其のときには「ワタスゲ」に「チングルマ」&「ヒナザクラ」
の花園であったのだが、
今は、「キンコウカ」の”お花畑と”なっていた。

S-kinkouka.jpg
「キンコウカ」

S-うらじろようらく
「ウラジロヨウラク」

蔵王にきたのなら、此花も探して見なければ
S-蔵王アザミ
「オニアザミ」

S-zaouazami.jpg
「蔵王アザミ」

此花は、蔵王の名前を頂いた唯一の花である。
違いが判るようなるのには何年かかった?
あははー

まぁー
「キソチドリ」「トンボソウ」・・・
また趣味人倶楽部の写真のようになってしまうから、
花の写真は此れくらいで~

八甲田山 ロープウエー
此処から一時間歩く周遊コースを周ってみた。

S八甲田

田茂湿原と言うそうな、
「御田の神」湿原のように、散策路は無く、花を見る事は出来なかった。
まぁー 残念と言えばそうなのだが、
特別に変わった花も無さそうで「キンコウカ」が群生していた。

S田茂湿原
「八甲田 田茂湿原」

八甲田山は、登山道がはっきりと指定されてしまい
写真撮影の為コースから外れる事も許されていない。
何だかに窮屈な山歩きとなってしまった。
てな訳で、もぅー一山ついでに登ることにした。
さてー さてー
何処が良いかと考えながらに車を走らせるのだが、
青森市内を考えながら運転していると、
国道7号線が目に入ってきた。
そうだ、「矢立て峠」を越えて、秋田方面に向かえば、
通ってきた十和田湖の道を通らずに行ける!
ラッキー また、十和田の峠越えかぁーって、嫌だナァーって、思っていたのだが
気が晴れた。
この決定で、宿も決まった。
「道の駅矢立」である。
ここは温泉も併設されてあり、それなりの部屋で、
ここの夕食(メンマ定食・しゅつる鍋)もまぁーまぁーなのは、
前回 経験済みなので知っている。
温泉に入って、道中の疲れと八甲田の山歩きの疲れを癒して、
秋田駒ケ岳へ

S-駒

コースは対して難しくはなさそう~
ただ、お天気が?
S-駒1

片倉岳に付く頃には雨降り
あははー

S-オノエラン
「オノエラン」

そんなつきの無さを「オノエラン」が慰めてくれる。
コイブキアザミのように花が頭花に集中しているのだが、
葉が全くに違う?

S-羽後アザミ
「ウゴアザミ」

以前から気になっていたのだが、鳥海アザミとは、どこか違うし?
この辺りのアザミの分類もDND鑑定もやっと進んで、
同定できるようになってきた。
たぶんウゴザミで構わないだろう。

雨の中、
「あみだ池」までやってきた、
草の中に、色鮮やかに一際に目を引いている。

S-ミヤマハンショウズル
「コミヤマハンショウズル」

何も見えない
風景はあきらめて、花だけの写真を撮って、
避難小屋まで着いた。

S-駒避難小屋
「秋田駒ヶ岳 避難小屋」

平日だというに、大勢の人々で満員状態である。
圧倒的に中高年女性の姿が多い。
「花の百名山」ったところか?
あははー
この避難小屋で、昼食って言うものの、
コンビニで「おにぎり」って思っていたものの、
コンビニなどと気の利いた物はなくて、
シャトルバス乗り場で、かろうじて「お茶」だけは手に入れたものの、
前回の「非常食」のバナナが一本と、チョコレート一枚だけの、
侘しい昼食~
あははー

昼食を終えて、横岳を目指して歩き始めた。
すこし周りの景色も見えるようになってきたのだが、
その代わりっては何なのだが、
猛烈な風が吹きはじめた!
あははー

立って歩くのがせい一杯。
横岳を越えて「焼森」へ、
此処は「風倒地」?
背の高い植物の姿は無い。
タカネスミレの葉と、辛うじて「イワブクロ」に混じって「コマクサ」の姿くらいである。

S-コマクサ
「コマクサ」
S-イワブクロ
「イワブクロ」

「焼森」
S秋田駒2

火山活動は何時頃まで?
植物は、限られたものしか生育できないようで。
「キバナノコマノツメ」と「タカネスミレ」が一杯の
「秋田駒ヶ岳」を後にした。
S-やけもり












スポンサーサイト
Category: 未分類
2013/12/22 Sun
 「釜ヶ崎」
たちんぼ人生味なもの
・・・
S-001.jpg

名古屋高速から駅方面を撮った絵である。
東京では「山谷」・大阪では「釜ヶ崎」
名古屋では「笹島」が”労働者”の町である。

12-s-001.jpg
釜ヶ崎人情


冬寒くなると、路上のあちこちで、焚き火が行なわれて、
労働者たちが、声を掛けられるのを待っている。

「楽な仕事」楽な仕事!
15000円・15000円!
・・・
労働者を集める声である。

焚き火にあたっていた人の群れは、
其の声で集められて、ワゴン車に乗って消えていく。

やがて、声かけをまっていた人たちは、
独り消え、二人消えて、
路上には、焚き火の明かりだけが残った。
それが、
この寒い時期の、労働者の町の風物史でもあった。

12-s-003.jpg


そんな焚き火の明かりが消えて、ニ三年になったであろうか?

「人買」の懐かしい顔があった。
あははー
ダミ声で大声の男である。
相変わらずにバカをうっていた。
そんな人間共の集まる場所でもある。






Category: 未分類
2013/05/02 Thu
 4月25日
仕事を終えて、深夜に出発した。
目的地は、新潟県の村上市である。
そのまま、
高速道路で目的地まで向かうなどと言う、野暮な事を私はしない。
出来れば、一つくらいの山登りもしてみたいと、
春日井ICから中央道で中津川まで、
勿論に、岡谷まで中央道で行けるのだが、
何だか、恵那山トンネルを潜って、東に抜けて、
遠回りをするようで、なおかつ高速道路料金も高くなるから、
何時も、塩尻峠に向かう時には、こうしている。

てな訳で、
国道19号線をテクテク~
そうは言っても、国道19号線も、
上松バイパスの、三つのトンネルが出来たお蔭で、
随分に、塩尻や松本に行くのにも早くなったものである。
高ボッチ高原道路に着くには、夜が明けてからにしようと思っていた。
それは、
天気予報では、山間部の標高の高い場所では「雪」だと伝えていたからである。
日義村の、道の駅で仮眠をして、
時間調整~
何故「高ボッチ」かと言うと、
其の先に「鉢伏山」があるからである。
「高ボッチ」山から「北アルプス」を、
そして「鉢伏山」から「富士山」を見てやろうと、
欲の深い考えである。(笑)

そんな考えで有ったのだが「バチ」が当たった。

4-26s001.jpg

残念!
4-26日は、連休の前、冬季通行止めであった。

仕方なしに「鉢伏山」の山登りは諦めて、
塩尻峠を越えて岡谷へ、
塩尻ICの横を通るのが、R142号線である。
この道は、「美ヶ原」や「白樺湖」に続く道なのだが、
今日のようなお天気では、行ってみても、何も見えないと思って、
新和田トンネルを使って立科に出た。

右にとれば、佐久~軽井沢~高崎
所謂「中仙道」で、太平洋側に向かう道。
左にとれば、長和町~上田市~長野
日本海に通じる道である。

趣味人倶楽部の、はなはなさんの、故郷だとか、
綺麗な、お城と桜の写真が貼ってあった。
まだ早いことだし、見てやろうと立ち寄ることにした。

4-26s002.jpg

江戸時代には「真田」の城では無いのだけれど
まぁー いいかぁー
あははー
R152線は、この町で、国道18号線と合流する。
その道は、
所謂、中部山岳地帯の狭間を縫うように通る道である。
天気予報では、
今夜は、雪になるだろうと伝えていたので、
明るいうちに日本海まで出なければとは、思っていた。
長野市を越えた辺りから、
雲行きが怪しくなり始めた思ったら、
雹が降りはじめ、おまけに激しく雷鳴も聞こえてきた。
取り合えず、近くの「道の駅」に避難を~
黒姫である。

4-26s003.jpg

雷雨の治まるのを待つ間、すこし仮眠を
・・・

日本海の上越市で、国道18号線は自然に、国道8号線に吸収される。
そんな国道なのだが、
国道8号線を走っていたつもりが、R116合線の標識になる。
あれー ???
R8でもR116でも、どちらでも良いのである。
所謂「併用道路」
新しく出来た道がR116号線で、古い道がR8号線なのである。
そんな道で北に向かっているのだが、
弥彦山が前方に見えはじめてきた。
まぁー何時もの癖?
日本海の様子を見に、井鼻の浜に出てみた。

4-26s004.jpg

日本海は荒れている。
まるで冬のような「鉛の空」であった。
国道8号線は、其の名前を7号線と変えた辺りから、
混みはじめた。
その7号バイパスは、新潟の手前で高架となっていて、
逃げるに逃げられない。
仕方なしに、前の車に続いかなければならなかった。
そんな渋滞が、新発田市を越えるまでつづいた。
辺りは、すっかり闇に覆われてしまった。

胎内市の「水芭蕉」が見たかったのだが、
随分に遅くなってしまって、
見つかるかどうかが心配であったが、
折角だからと、暗闇の中に立ち寄ってみた。

4-26s005.jpg

あった。
ここは、海岸から1.5Kmほどであろうか、
東海地方では考えられないくらいに海抜の低い場所に自生する「水芭蕉」である。

さて、困った。
もぅーこの時間では、「あの娘」探しもできまい。
それに、食事も作らなければならないし
・・・
思いついた~♪
「岩船港」のフェーリー乗り場である。
あの場所なら、
堂々と車を停めて、食事を作ったり、仮眠もできる。

車の外は、まるで「真冬」
北風がピューピュー音も激しく吹いている。
本当は、コールマンの二口コンロで調理をした方のが遥かに早いのだが、
車内では仕方が無い、
コッヘルに水を入れて、コンビにで買っていた
「焼きサーモン」温めるだけの「ご飯」で夕食。
サーモンの身をほぐして、高菜と混ぜて、、マヨネーズを

これが結構に美味い~あははー
残ったお湯で、「トン汁」を、手早くに夕食を済ませて、
朝の一番のフェリーまで睡眠。
ところが、相変わらず北風はピューピュー
いくら車内でも、毛布二枚では、寒い!
前のシートと真ん中のシートのリクライニングを倒せしてフラットの床にすれば、
2m400mm充分にベットとなる。
その床の上に毛布を敷き、
そんな事もあろうかと、シュラフに包まって上にも毛布を~
快適・快適~♪

夜が明けて、六時をすぎたら、
フェリーの待合室に電気が点いた。
この岩舟港には、
気の利いたコーヒー屋とか、食堂などは一切に無い。
始発のフェリーは、午前8時30分の「高速船」のはずだ、
お湯を沸かして、コーヒーを飲んで、すこしゆっくりしてから、
切符売り場を覘いてみた。
まだ誰もいない。
「一番のフェリーは、8時半ですよねー」
掃除をしている方に聞いてみた。
「うん、だばー」
この分じゃ「欠航」だべぇー

やい・やぃー
「高速船」は、波に弱いからぁー
じゃぁー 次は何時?
10時半だべぇー

4-27s006.jpg


案のじょー 八時半の船は欠航に

10時半の船に乗った。
とても立ってなどいられない(笑)

「全員 討ち死に」船内風景
4-26-s016.jpg
あははー

二十巣名の乗客の内船酔いで「ゲボ」しなかったのは、俺っち一人だけ
あははー
気持ちよく、一時間40分の仮眠を船の中でとったら、
「粟島」に着いた。

4-27s007.jpg

港の二階の食堂に入って、
お勧めの、「海鮮丼」を頼み、この島の温泉なるものが有るのを知った私は、
早速に湯に浸かることにした。

4-27s008.jpg

あははー
誰も湯に入ってはいなかった。
「貸切の温泉」であった。

どうせ今日、本州に帰る船はモぅー無い。
少し、島の「野の花」探しをしてみた。
すぐに「ハマハタザオ」が見つかった。

4-27s011.jpg

「アリアケスミレ」
4-27s009.jpg

海岸の岩の上には「イワユリ」が

4-27s010.jpg

残念ながら、イワユリの咲く時期には少し早かった。
島発の朝の一番で、本州に帰って
明日は「あの娘」さがしを~~

4-28s012.jpg

相変わらずに、日本海の波は高かった。

岩舟の港に帰って、
わたしは、すぐに「あの娘」さがしをしたのだが、
中々見つけ出せずに、背波海岸を数キロは歩いたであろうか、
半ば諦めた頃になって、
海岸で犬の散歩をしている人に尋ねてみた。

「すいません」
この海岸の砂浜に咲く「スミレ」を知りませんか?

「おらぁー見たことないけんがぁー」
看板なら見たことがある。

やったー
やっと貴重な情報が入った!

4-28s013.jpg

間違いない!!!
この場所だ。

看板の上の、砂丘に、私は大慌で駆け上がった。
あった!

やっと、
捜し求めて、此処までもきた「あの娘」である。

4-28s015.jpg

「イソスミレ」

4-28s014.jpg

やっと会えた「めんこい娘(こ)」です。
あははー

                              完
Category: 未分類
2013/04/21 Sun
2013-4-18日
車のカーラジオは、JR湖西線は強風の為、
運転を見合わせていると伝えていた。

 若狭の国・越前の国・近江の国の、三国境の、この山には、
日本海を吹き抜けて、若狭湾に進入してきた季節外れの北風が、
「ゴーォー ゴーォー」と、音も激しき吹き荒(すさ)んでいた。
凄まじい風である。
立っているのがやっとで、急激に体温を奪ってゆく~
「寒いー」!!!


CAC65XNB.jpg

頂上の「三等三角点」
009.jpg


少し時期が早かった。
それは、
福井県と滋賀県の県境の峠の、黒河(くろこ)峠で直ぐに判った。

「高島トレイン」と呼ばれる登山道入り口
010.jpg


滋賀県側の高島登山口を示す標識の下に雪が残っていたからである。
ひょつとしたら「あの娘(こ)」に会えないかも知れないと、
不安が頭をよぎった。
しかし、
そんな不安など、ものの10mも歩かない内に消えてしまった。
登山道の、直ぐ横は「イワウチワ」大群落である。
やったぁー♪

003.jpg


高島トレインと呼ばれる登山道は、ほんの少しで黒河峠(くろことうげ)から伸びている、
砂防堰堤を作るための林道と合流してしまう。
林道歩きは、つまらないのだが仕方がない、
一旦は、林道歩きをしなければならない。
滋賀県側の林道は、この野坂山塊の東側に辺り、
うす浅き春の日差しを受けて、温かかった。

そんな林道の斜面には、
時々に、その温もりを浴びて、可愛い「あの娘」が顔を出してくれている。
上をみれば上空の雲は、千切れんばかりの速さで飛びすぎてゆく。
でも、此方は「風裏」であることも忘れて、日本海を吹き抜けてくる風も、
天気予報の言うほどに、対したことは無いと無いとタカを括っていた。

002.jpg


暫らくに歩き出すと、登山道の彼方此方が雪で覆われているようになってきた。
高度を上げるに従って、山は冬の「枯れ草」の様相を見せ始めた。
やっぱり10日ばかり早かったと、悔やんではみても仕方がない。

006.jpg


そんな山道を、一時間ほど歩いたであろうか、
真っ直ぐが「赤坂山」への道。
右に「直登」するのが、この辺りで一番に高い「三国山」の道である。
赤坂山への登山道は、雪に埋もれていた。
どうせ、
こんな按配では、赤坂山に行っても、早すぎて、花など咲いてはいないであろうと、
スパッ(靴の上に着ける泥よけ)も忘れた事だし、
雪の登山道を左手に、直登(ちょくとう)ルートの三国山へ。
高々、数100mなのだが、足が短い?
段差がおおき過ぎて、俺っちの歩幅に合わない
あははー
「よぃしょー」~よいしょー
005.jpg



ん?
何だか? 白い花が・・・
歩幅が合わないお陰で見つけたー♪

「バイカオウレン」の花である。
時期が少し早かったせいで見ることが出来たー
ラッキー

004.jpg


そんな 早春の花に出会えたのも日頃の心がけが良い?
早春の花の代表選手の「ショウジョウバカマ」
なんだか、此処の花は色が濃い(赤みが強い)などと思いながらに登っていると、
あれー
まったくに色の違う「ショウジョバカマ」の子がいる。
ほんの僅かにピンクがかった部分もあるが、
純粋の日本の「シロバナショウジョウバカマ」には、
僅かに「雌蕊・雄蕊」 シベの部分に色が残るそうだから、
多分、間違いなく「シロバナ・ショウジョバカマ」であろう。

001.jpg


そんな訳で、
思いもよらない「二人の娘」にも会えたしー
まぁー
強風と寒さに、頂上では震えて、早々と退散しましたが、

「分水嶺」の”あの娘(こ)”にも会えました~♪

分水嶺=日本海への流れと、太平洋への流れを分ける峰

風が強くて、「北風」ピューピュー
寒くて、春まだ浅き山登りとなってしまいましたが、
今年も元気な「あの娘(こ)」たちに出会う事ができました~♪

008.jpg


Category: 未分類
2011/12/24 Sat

OCN Cafeが、来年の二月一杯で閉鎖になる。

こんなつまんないBlogに、ブックマークしてくれたと言う足跡があった。
嬉しい!

てな訳で、ここに書いている。
今まで、値段が高いのを承知でNTTと契約していたのだが、
Cafeが無くなるのなら、どこの通信会社でも構わないと言う事になる。
一度、他社との料金比較も検討してみよう。

俺っちのような人も結構にあると思うけど、
OCNさん、乱暴な閉鎖の知らせ。

すこし「驕ってる」!

Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。