野の花大好き 思い

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2014/06/26 Thu
6-24-s001.jpg



 深い霧の中にあった。
御田の神の湿原は、
まるで神が隠したもうた場所であるかのような静かな夜明け前の一時であった。
その静寂を私は楽しんでいる。
かと言って、霧で濡れた木道で足を滑らせないように、
私は慎重にその桟橋を歩いている。
やがて、その足元も、白く小さな花の顔が確認できるようになってきた、
夜明けである。
梅雨の中休みの夜明けである。
やがてその山並は、不忘山にへと続くであろうか、三角の山陰から太陽がシルエットになって明るくはなってはいるのだが、その太陽の姿は見えない。
姿を現さない太陽は私にとって好都合で、
深い霧は、世の煩わしさを包み隠してくれているような気がして、私には心地よかった。
折からの霧に隅々まで濡れた木道は、まるで白い絨毯を敷き詰めた道である。
明るくなりかけた白い絨毯の道を見てみると、その道はワタスゲとヒナザクラで出来ている。
湿気の塊に包まれたワタスゲは、その綿毛を風にそよがしては居ないけれど、
一際にその白さだけが目を引いている。
その中に混ざって、白い小さな花が咲いている。
あっ
ヒナザクラだ、
昨年八月、独りで登った月山以来の再会である。
小ささ故に一層に可愛く思えてくるから不思議な植物である。
・・・
6-24-s002.jpg

その可愛く小さな花の絨毯の上を歩くのはとても気持ちの良いものである。
ただ、重く湿った空気の塊だけが不快なのだが、その重い塊に蒸し暑さはないのが救われる。
それは、
入梅の真っ只中の今の時期では、仕方の無いことなのかも知れない。
そんな中、
山の神の贈り物であろうか、
赤紫の花が時々に顔を見せ始めた。
「どんと晴れ」
朝の連続ドラマの神の贈り物の花である。
その鮮やかな立ち姿は、まさに「女神」のようであり、
一際に凛と輝いて輪郭の鮮やかで人目を引きつけている。
ハクサンチドリである。

6-24-s003.jpg

その「女神」はどうやら二人お見えのようで、
赤紫の女神のいでたちに変わりはないのだが、
まるで衣をなびかせる様な葉が特徴の、ノビネチドリの女神さまもおいでである。

6-24-s004.jpg

霧の中の散歩道である~♪





スポンサーサイト
Category: 思い
2014/01/28 Tue
「 我昔所造諸悪業 皆由無始貧儘瞋癡 従身口意之所生 一切我今皆懺悔 」
私が昔からつくってきた様々な悪い事はみな、貧(むさぼり)瞋(いかり)癡(おろかさ)によるものであり、
それはすべて私の行為(身)や言葉(口)や考え(意)として起こっています。
私はこれらすべてをことごとく悔い改めます。

まぁー「言うはやすし、行なうはがたし」
そぅーは言うものの、「思い立ったが吉日」と言う事もある。

北海道から一月四日に帰ったわたしは、
三日ほどゆっくり休みをとって、のんびりしたのだが、
三日もブラブラしていたのでは、もぅー体の虫が動き始める。
NHKのテレビを見ていたら、
本四国八十八ヶ所の「お遍路さん」の巡礼の旅をしていた。
そうだ、
やり掛けで「途中まいり」になっている、八十八箇所の本四国に
出かけてみようと、、一月七日には思い立ってしまった。

なににつけても決断は早い(慌て者)?
あははー
一月八日の夜明けには、「明石大橋」を越えて、
明け方に「鳴門大橋」を越え、四国の人となっていた。

sikoku-s001.jpg

四国に渡ったまでは良いのだが、
何処を、どの様に巡ったら良いのか?
全くに方向すら定まらない!
てな訳で、
高速道路のサービースエリアで聞いてみた。
案内の地図を売っていた。
その地図を手に入れて、カーナビに打ち込めば、そこまで連れて行ってくれる、
便利な時代になったものである。

「一番 札所」
sikoku-s002.jpg

「二番 札所」
sikoku-s003.jpg

雨が降っている、
 
有難う!
あははー
途中でカキコが入ったから、
先に進みます。

tusima-s001.jpg

今が一番に美味しい時期
「川由」さんは、縁が無かった!
津島の駅前の魚屋さんで買って来た。

やっぱり、すこし味が違うけれど、
これは自分ではつくる事は出来ない!
あははー


tusima-s002.jpg

木曾川産とか言っていたけれど、
どうやって拵えるの?

ビールのツマミには、すこぶる、よく合う!
あははー

「モロコの甘露煮」
moroko-s001.jpg
「河内おとこ節」

名古屋名どころ芸どころ

日本酒は「南部杜氏」のお酒!!!
「あまちゃん」の舞台、久慈のお酒、どういう酒だった?
これと一緒に飲んでみたい~♪










Category: 思い
2014/01/21 Tue
1-1-s001.jpg
「啄木の詩 朗読」

「 函館の青柳町こそ
 かなしけれ
  友の恋歌 
 矢ぐるまの花 」
             啄木

函館に「青柳町」を訪ねてみた。

「函館 朝市」のようす

1-1-s002.jpg

函館は賑やかであった。

道央道から見た

1-1-s004.jpg

「有珠山」と右「昭和新山」

北海道のドライバー
あの雪の中を、いくら慣れていえど、よくもまぁー飛ばせるものである。
あははー

まぁー 無謀と言えば無謀なのだろうけれど、
本州に帰る、帰りのフェーリーの予約はしていなかった。
名古屋~仙台~苫小牧
この船に乗って、仙台から北海道に渡ったのだが、
このコースの本州に帰る船は、1/6日まで予約で満席であった。
仕方なしに、
苫小牧から函館に移動をしたのだが、
地図をみれば近いのだが?

「北海道は、広いぞー でっかいどぅー」
であった。
あははー

1-1-s003.jpg

青森についたは良かったのだが、
黒石辺りからは 吹雪!

苦労した 年初めとなってしまった。
別に
誰に頼まれた訳では無くて、
自分で買ってに出かけているのである。
それは、
それで思いとして記憶しているはずである!
まぁー
出かけられただけでも良し!!!





Category: 思い
2013/10/24 Thu


 智恵子は東京には空が無いといふ。
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切っても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多々羅山の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとうの空だといふ。
あどけない空の話である。

「 智恵子の実家 」
10-s001.jpg

「 安達太良山 登山口 」
きれいに虹が~

10-s002.jpg

二本松の町は深い霧の中にあった。
智恵子の青い空は望めそうに無かったのだが、
私は、安達太良山に登ることを決めていた。

10-s003.jpg

思った通りに山は深い霧の中にあった。
それにしても、
大勢の登山者である。
そんな多くの人々で、登山道はまるで、「田圃」のように踏まれて、
ぬかずんでしまっている、
一番に嫌いは、山登りとなってしまった。
( 人の多さと、ぬかるみの道)
こんな登山は早く終えたいと歩を早めた。

10-s004.jpg

安達太良山 山頂

10-s005.jpg

特別に美しいとは思わなかったのだが、
雲の切れ間から、わずかに見えた、安達太良山系の紅葉。

10-s006.jpg


登りを飛ばしたのがいけなかったようで、
下りに掛かったら、右膝の関節が痛む!
一時間ほど下ったら、山も晴れてきた。
しかし、
何とかならないのか、この泥濘の道!
そんな事を考えながら下山を~
やれやれ、
やっと、ゴンドラ乗り場に・・・

「強風」のためゴンドラの運転は中止に
ちぇー
どこまでも着いていない、「安達太良山」
山行であった。
この下りの一時間は、右膝を引きずりながらに下山。

げん直しに、新潟の静かな温泉にでも行こう。
そんな事を思いながらに、
痛い右足でアクセルを~

結果
若い頃に痛めた、「右膝関節血炎」では無くて、
右膝関節の「ねん挫」だったようで、
それも、これも、原因は「ぬかるにの登山道」
うん
新潟の温泉は貸切でよかったです~♪




Category: 思い
2012/05/09 Wed
「遠野物語」
        子供好きの神様より


昔、昔の或る日、

なにやらに「オクマンさま(熊野神社)」の境内が騒々しいど。

近所にすむ爺っさまは、
坂さ上がって、オクマンさま、の境内を覗いてみたど。

すたら、
ワル童子(わらし)どもが、寄ってたかって、
こともあろう にさーなぁー

オクマンさまの「御神体」に、またがってソリ遊びをしとったど。

さてもーなぁー
びっくりした、爺っ様は、

こらーぁ!
「悪ワラシどもー」

お前たち、そんな事してるどー

「今にー、お前たちの尻さぁー」
「曲がってしまぅどー」って、

爺っさまは、
童子どもを、大きな声で叱りつけただど。

すて、
「あーぁー やれやれー」
なんたら事を~

困った、くそ童子どもだーって、
綺麗に「ご神体」さー洗ってよぅー

爺っさまは、えらい、良い事をしたつもりで、
家さ、帰ったとー

ん?

したら、どうだが、

爺っさまは、
家さ、帰った途端に、
急に、めまいがして、高い熱が、どどっと出てきて、
床についてしまっただどーぅ。


家のもんは、

どぅしたー ?

「じーさまー」
「爺さまー」

さっきまで元気だった爺っさまが、

急にー
倒れたどー

何が、なんだか分かんないけんど、
爺っさまは、おかしくなったどー

爺さまー 爺っさまー

どうしたー
どうした案配だべぇー、

なんだ?

爺っさまもー訳のわかんないだど。

誰も、分からない
病だーって事で、家の皆、心配して、

すったらー

「巫女(いたこ)」さ行って、
お伺いを聞くべぇー、った事になったべなー、よし。

巫女さは、

??? ふぅーだらー うんだらー ????
うん、うんーぅーんーだら~~
??? うん、うんうん。


「ワシはー」
坂の上の、
「オクマン様」じゃぁー

お前へんとこの、
「爺っさま」ー
なんと,「お節介な爺っさまじゃー」
って、
オクマン様に、怒られただどぅー

ん?

オクマンさま、言うには、
「俺が、子供たちと、一緒に、楽しく遊んでいたのに」
邪魔をしたって、怒っとったげなー

げーぇー
思わぬ「御託宣(おつげ)」に、
びっくりこいた爺っさまや、みんな

こりゃぁー
「ていへんだー」
った事でー

爺っさまは、
大急ぎで、家の人さ、頼んでー

神様の好きなものを、「オクマンさま」に、
どーんとお供えして、
許してもらっただどー。。
               どんと晴れ


                  遠野物語 「子供の好きな神様」より、



「南部曲屋」

南部曲屋


「浄土ヶ浜」

S浄土ヶ浜



「遠野郷 遠景」

遠野 遠景

「南部曲がり屋」
        千葉家より











。。

Category: 思い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。