野の花大好き 2010年05月

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2010/05/31 Mon
S-komotimannengusa.jpg

 ”子宝に恵まれる”
人間の場合は一人では無理があるのだが、
子孫繁栄は喜ばしい事に違いは無いのだが、
”子持ち”と言うと、
一般的に「未亡人」を指すようである。

その後に人が聴くのは、
生き別れ?
死に別れ?
こんな事は勿論に、本人に直接聴くのではなくて、
陰口なのである。

どんな町にも、特別に、こんな事に詳しい”お喋り雀”おばさんが居たものなのだ。


 
  雀と仲良くしている”おじいさん”を見て、雀に嫉妬する”おばあさん”は、
雀の舌を引き抜いてします。
囀りの聞こえなくなった雀を、おじいさんは、竹やぶの中を探し回る。

 そして、
雪の中で、雀の里にたどり着いたおじいさんは、
舌を抜かれた雀に再会し、お土産に、稲の穂を持って帰るのだった。

 その話を聞いたおばあさんは、
雀の里を訪れ、金貨の詰まった葛篭を持って帰るが、
重すぎて、雪の中の埋もれて死んでしまうのである。
その、
お金を拾ったおじいさんは、
大金持になり、"雀大臣"と呼ばれる程になったのである。
・・・

 男は、
ほとんど老人のような生気の無い生活をしている冴えない中年男で、
そんな男に成り行きで長年連れ添った妻との、倦怠期の夫婦であった。

雀に話し掛ける夫を見て、
妻は、

「私が、あなたのような人と一緒になったばかりに、」
「朝夕どんなに寂しい思いをしているか、」
「あなたはご存じないのです」。

  私は決して欲張りな女ではないんです。
「あなたのためなら、どんな事でも忍んで見せます」。
ただ、時たま、
「あなたから優しい言葉の一つも掛けてもらえたら」、
私はそれで満足なのですよ。
・・・


夫は、
「おれをこんなに無口にさせたのは」、

お前です。
「夕食のときの世間話なんて」、

安易な気分本位で、
「やたらと人の陰口をきく」。

お前には、
「ひとの悪いところばかり眼について」、

自分自身のおそろしさにまるで気がついていないのだからな。
「おれは、人がこわい」。
・・・


なんだか、何処かの”夕餉”の会話を聞いているようである。

女性の言葉など、
”でたらめで安易な気分本意な言葉”であって、

”女性の本性”は、
「情け容赦の無い」
「嫉妬心と留まるところを知らない物欲」にあるのだと、
・・・


太宰は、
舌切雀のお話を通して、言いたかったように思う。

「子持ちだろうが」
子供が居なくても、本人そのものが変わるわけではない。

まぁー
人の陰口は言わぬ事。
嘘はつかない事。
見栄をはらない事。
素直に気持ちを伝える事。
優しい気持ちを持つ事。
そんな気持ちを伝える事。
・・・
簡単そうで、出来そうで、
出来ないのが、こんな事。





スポンサーサイト
Category: 野の花
2010/05/30 Sun
S-kuro-hikiokosi.jpg




 この子、写真撮影の間に、葉を一枚噛んでみた。
「ぎゃーぁぁー」
猛烈の苦さである。
その苦さは、有名な「センブリ」を遥かに凌いで、
中途半端では無く強烈な苦さである。
慌てて、水道の蛇口に飛びついて、口を漱(すすぐ)いだのであるが、
それでも口の中は、暫く其の苦さに支配されていた。

 まさに「良薬は、口に苦し」

その苦味成分は、オリドニン、エンメイン、ラシオカウリン、と言うそうな。
胃潰瘍に掛かった人の90パーセントの方が、
腸内細菌の”ピロリ菌”感染者であると、言われるのだが、
このピロリ菌は、胃癌を引き起こす「原因」細菌といわれている。
 
 そんな訳で、
細菌では、”子宮頸癌”ワクチンと並んで、
この、ピロリ菌を除菌する治療が行なわれるようになったのではあるが、
共に、健康保険の適用は受けられない治療であり、
全て実費で、其の費用は、約5~6万円程度掛かる。

二つの「癌」は、原因がはっきりと、判っているだけに、
一日も早く保険適用されることを願っている。

 でも、
考えてみたら、昔の人は、どうして山に生えている、この草が、
胃潰瘍の特効薬と知ったのであろうか?
先人の知恵には驚くばかりである。
 
 そして、
最近の研究で、抗潰瘍作用と”ピロリ菌”除去作用があることが判ってきた。
5~6万円の費用を掛けなくても、”ピロリ菌”を除去できる可能性があるという事である。

 その漢方薬名を”延命草末”と言う。

庭に勝手に生えている草であり、貧乏人の俺っち、
葉っぱ、一枚毎日齧(かじる)かぁー
水道の蛇口に飛びつきながらー
あははー

植物名
「クロバナヒキオコシ」
シソ科
ヤマハッカ属
学名:Isodon trichocarpus (Maxim.) Kudô






Category: 野の花
2010/05/29 Sat
i.jpg


 ♪~いの花匂う垣根に 
ほととぎす 早も来 鳴きて~♪

ちょっと違うかー
あははー

”う”の花の一つ前は”い”の花、である。
植物の名前の中で、一番短い植物の名前である。
”イ”
イグサ科
イグサ属
学名:Juncus effusus L. var. decipiens Buchen.

夏がくると、この上で昼寝をすると心地が良いし、
是だけは、”新しい方が良い”

昔は、
「畳と○房は、新しい方が良い」そうな?
だったげなぁー

そんな畳表の材料である。







Category: 野の花
2010/05/28 Fri
S-sakuramantema.jpg

 ”巾着袋”と、言っても、
若い人は、 ぅーうーん?
それ、なぁにぃーと、言われそうである。

マンテマ属の特徴なのだが、
そんな、縦縞の巾着袋が可愛い、
この子を”サクラマンテマ”と、言う。




Category: 野の花
2010/05/26 Wed
S-yakusima-azisai.jpg

 此花は”ヤマアジサイ”の仲間で”ヤクシマアジサイ(トカラアジサイ)”と言うのだが、
この辺の判別は微妙なところで、
植物学的には、ヤクシマアジサイとヤエヤマコンテリギは、同一とされる見解が多い。
それは、両者の中間的個体が多いからとされているのだが、
この個体に限れば、”ウツギ”と言うよりも、
”ヤマアジサイ”に近い感覚である。


Category: 野の花
2010/05/25 Tue
S-kouzann.jpg
押し下さい



背景の写真は、なるべくなら明るい感覚の写真が良いであろう。
これは、強制拉致のタグが組み込まれています(笑)
見たら最後、強制的に足跡ページに連れていきます。
あははー
Category: タグ
2010/05/24 Mon
S-amerika-huuro.jpg

 或る人に、下の”キキョウソウ”を貼ったら、
それは「帰化植物」増えすぎないように、”気をつけ遊ばせ”と、言われてしまったー

あははー
その方のレスに「淡いピンク」の可愛い花と、
コメントされていたのを見たら、此花であった。

此花こそ、抜いても抜いても、一杯に増えてしまう、
困ったさんの、帰化植物である。
”アメリカフウロ”と言う(爆)





Category: 野の花
2010/05/23 Sun
S-daikon.jpg

 連想ゲーム

大根=女の??
色=○ろ
太さ=○○い

ピンポーン!  正解です。
貴女は正常です。

滑らか。
触れてみたい。
付け根。

ピンポーン!  単なる助平 ”親父”。






Category: 野の花
2010/05/23 Sun
S-hirohanorenrisou.jpg

 今朝は静かに明けた。
思いのほか雨は強い降りかたではなくて、
まるで入梅であるかのような雨である。

今日の雨降りは、予報どおりで、
昨日の内に、この子写真を撮っておいてよかった。
”ヒロハノレンリソウ”





Category: 野の花
2010/05/22 Sat
S-5-22.jpg


良いことよー
ローズティーにしても良いけれど、
そんな面倒なこと、彼方しないでしょー?
簡単よ、
そのまま、お風呂に入れてごらん。


 心やすらぐとても良い香りがした。
”ローズ・ゼラニウム”
と、いうそうな~さぁー寝よう~♪





Category: 野の花
2010/05/22 Sat
S-hama.jpg

 何だかに重い南の風が吹き始めてきた。
大雨が降りそうな予感がする。
入梅するには少し時期は早いのだが、
入梅をするかのような模様である。
この雨は、少しまとまって降りそうである。
”ハマボッス”



Category: 野の花
2010/05/22 Sat
S-mugisennnou.jpg

 別段に種を蒔いて育てたものでは無いのだが、
庭の彼方此方で咲いている。
程よく”並べて植えた”ように、此処だけを見ると思えるのだが、
今年は、勝手に「一人生え」で咲いたのである。
花が咲いているから、花が咲き終えるまでこのままにしてあるだけなのだが、
好きな場所で勝手に咲いているから、
庭に出た私が避けて通らねばならない、
”ムギセンノウ”をである。




Category: 野の花
2010/05/22 Sat
S-konasubi.jpg

 ”コナスビ”

 この子もどうやら我が家に落ち着いたようである。
中庭でも、外の鉢の中にも住まいを確保している。
鉢からはみ出して、外にまで広がろうと、
ひょっとすると、我が家が息苦しくて、外に逃げ出したいのかもしれない。

おぃ、おぃー

此処は、大都会。
外には”土の世界”など無いよーと、
教えてあげなければ(笑)


Category: 野の花
2010/05/22 Sat
S-kaki.jpg

”柿の花”

春には 柿の花が咲き
  秋には 柿の実が熟(ウ)れる
  柿の木坂は 駅まで三里
  思い出すなァ ふる里のヨ
  乗合バスの 悲しい別れ


 
愛知県から長野県に向かう国道153号線は、
稲武の町を過ぎると直ぐに路は、
急な上り坂となっていた。
 
 その、
九十九折となった道路の頂上には、一軒の峠の茶屋があった。

 この道は、伊那街道或いは、姫街道とも呼ばれ、
又、塩の街道としても、とても重要な道だったのである。

 これは、
戦国の世の話なのであるが、
この道の先には、甲州があった。
甲州と云えば、かの有名な”武田信玄”の国である。
いまの言い方をするならば、この三河の稲武の町は、
三河の支配者である”徳川家康”(この当時は、松平 元康)と、
武田信玄とが、覇権を争う最前線だったのである。

 一方に於いて武田信玄は、
越後の国主”上杉謙信”とも、激しく北信濃の地を巡り
川中島の合戦のように、相骨肉の争いをしていたのである。

 甲州と云う国は、
南は,赤石山脈、
北には、八ヶ岳連峰、
西には、木曾山脈、
そして西北に、飛騨山脈などの高い山に周りを囲まれた盆地の国である。

 上杉謙信との川中島の合戦は、決着がつかずに長期に及んだ。
海を持たない武田信玄の兵は、
太平洋の”塩の道”を徳川家康に押さえられて、
日本海は、上杉謙信の越後の国であった。
そんな状況の中で、塩が無く、塩不足に追い詰められた信玄の兵たちは、
次々と、塩不足の為に”脚気”になったりして、
もはや戦う事すら間々ならない状態に追い込まれてしまったのである。
そんな折、
敵の”上杉謙信”から「塩」が届いたのである。

 考えてみたら”上杉謙信”は凄い武将である。
弱った敵を、たとえ滅ぼそうとも、「余は 意にそぐわない」と言ったと伝えられている。

”敵に塩を送る”
と言う、"ことわざ"の、起源だと言われている。

 その”塩街道”と呼ばれた、峠の茶屋のあった坂を
”柿の木坂”と、以前は呼んでいた。
それは、
峠の茶屋から、すこしばかり離れた場所に、大きな一本の柿の木があって、
秋になると、この地方には珍しい”富有柿”が、実をたわわに実らせてあったからなのであった。

 いまでは昔話に、
国道153号線は、名残の急カーブを二つ、三つ越えるとトンネルになっている。








Category: 野の花
2010/05/21 Fri
S-titibu-otome-nadesiko.jpg

 暑い時に「赤の色」は~
別に、この子が悪い訳ではないのであるのだが、
暑い時に赤の色の花は、よけいに暑く感じてしまう。
いま、風呂に入ってサッパリしたから、
やっと、この子の写真も見られるようになった。
”チチブオトメナデシコ”と、いう子である。



Category: 野の花
2010/05/21 Fri
S-hinotukasa.jpg

 庭の「野の花」達に、打ち水方々、水遣りをした。
やっと一息である。
暑かったはずで、きょうは、気温も31.8℃と上がったとニュースで伝えている。

暑かったので、赤い花も「暑苦しい」と、
涼しくなるまでUPをひかえていた。
”緋の司”である。

今年は、春先の低温が、皐月にとっては良かったのかな?

後、「花がら」摘みが大変だから、是くらいで皐月の花も良いだろぅー

そんな贅沢を言っている。





Category: 野の花
2010/05/21 Fri
S-katabami.jpg

 差別をしてはいけない(笑)
この子が、俺っちだってー「野の花」ですはと、言っている。
この子は”花粉”の出来ない子である。
その証拠に、オシベの周りは白である。
花は「全く一緒」なのだが、花粉が出来る方を「イモカタバミ」と言う。
花粉の出来ないこの子は”ムラサキカタバミ”と言う。




Category: 野の花
2010/05/21 Fri

 きょうの名古屋は、どうやら真夏日になったようである。
色の濃い、赤い花の写真も撮ったのではあるが、
暑苦しいから、涼しげな”晃山(こうざん)”の写真にした。
この名前は、勿論、園芸品種の皐月の名前である。

 この写真の方が、赤の花よりは、いくらか涼しく感じるであろう。











S-kouzann.jpg
押し下さい

Category: 野の花
2010/05/21 Fri
S-karin.jpg

 ”花梨の実”も随分と大きくなってきた。
今年は何個なっているかな?
一つ、二つ、三つ・・・
全部で十三個なっている。
半分、落下したとしても今年は”表作”の年のようである~♪



Category: 野の花
2010/05/21 Fri
S-dokudami.jpg

 ”ドクダミ”の花である。
この草は、地下根が繋がって、抜いても抜いても、途中でその根が切れてしまい、
一向に減ってはくれない。
以前は、是で「ドクダミ茶」を父母が作っていて、
体に良いから飲めと私に勧めたので、
飲んだ事はあるのだが、独特の匂いで好きにはなれなかった。
そんな、
名残の植物であるのだが、今では「困った」さん、である。




Category: 野の花
2010/05/21 Fri
S-hiraohbako.jpg


 別段珍しい植物でも、綺麗な植物でもないのであるが、
この”ヘラオオバコ”の花が、風に揺れる様が好きである。

庭に、このような「野の花」は、増えすぎても困るのだけれども、
無くなっても寂しいから、一株か二株だけ残しておいた。
そんな花が、初夏の微風にゆれている。





Category: 野の花
2010/05/21 Fri
5-21-s001.jpg



 このところ”走り入梅”のような日々が続いている。
今朝は、すこし昨日のそれよりも明るく明けてきたから、
気持ち天気はよさそうな気がする。

 スミレの中間達は、大方の種類が花を咲き終えたようで、
”ヒメスミレ”などは「閉鎖花」をやたらに多く飛ばしているし、
それに負けずに”サクラスミレ”は、何十と蕾を持ち上げ始めた。
これでは流石に庭の中が、スミレまるけになりそうな気配である。

 そんなスミレの仲間たちなのであるが、
”ナンザンスミレ”だけが元気が無い。
そろそろ、スミレの中間達も自生地の環境に合わせて、
「日陰の子」・「日向の子」・「半日陰の子」と、
そんな環境に合わせての、スミレ培養棚の移動が必要な時期となったようである。

 勿論に、「野の花」を育てているのは、スミレばかりでは無いのだが、
全体的には、今年はそんな「野の花」も遅れ加減なのだが、
スミレとは、別の棚に置かれていたのだが、
何と変わった花が咲いているこの子を見つけた。
見つけたと言うのも、この子は、我が家に来てから日が浅いと言う事で、
馴染が薄いと云うことである。
この子は、きっと昨秋の、とある”山野草”の交換会で我が家に来た子であろう。
そんな訳で、きっと初めてこの花を見たのであろうが、
”名無しの権兵衛さん”である。
本当なら、我が家に来たら直ぐに「名札」を鉢に差しておけば、
何の問題も無く、この子の名前は判るのであるが、
名札があると、往々にして写真撮影に邪魔になると云うことで、
原則私は、名札を着けない主義で、
名前などは、その時に記憶してしまえば要らないのであるのだが、
その時には、きっと確かに記憶をしたのであろうが、
今になると、その記憶は既に失せている。
そんな”権兵衛”さんである。・・・


Category: 野の花
2010/05/20 Thu
S-taniutugi.jpg


 卯の花の 散らまく惜しみ 雀公鳥
  野に出山に入り 来鳴き響(とよも)す

                     巻十の一九五七


   ここに詠まれる”卯の花”とは、空木のことである。


      




Category: 野の花
2010/05/20 Thu
S-musitorinadesiko.jpg

 夕にみし 今年も咲ける 撫子の 揺れてなつかし 見覚えの君
                             雨魚


Category: 野の花
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。