野の花大好き 2011年04月

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2011/04/20 Wed
 「田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ」

米作農家は、この時期にあわせて田起しをしたり、
ハウスにビニール掛けをして、「苗つくり」の季節をむかえる。

 福島第一原発からは20km以上離れた、福島県飯舘村で積算放射線量が、
1万120マイクロシーベルトになったと17日、文部科学省は発表した。


放射能数値(此処クリック)



まだ、大勢の人が残ってみえる。
明らかに”被ばく”されてみえる、一刻も早く”逃げさせないと”!

枝野官房長官殿
この数値でも、「ただちに健康に被害を及ぼす数値では無い」と、言えますか。

ここに留まっている限り、明らかに健康に害のある数値。
なにも飯舘村だけに限った話ではなくて、
浪江町も積算放射線量が一万マイクロシーベルトを超えている。
南相馬市でも、放射線ヨウ素の値は、法令の濃度限界を超えている。

「政府は、原発は”安全”だと、言っていた手前なのかも知れないけれど、
※ 被害や、現状を”過少評価”している」。

国民の、生命・健康・財産を守る事すら出来ない政府など、
もはや政府などと呼べない!!!

復興税・消費税を論じる権利などもあろう筈が無い。

故郷を捨てて避難をしなければならない人々の気持ちなど、分ってもいないのだろう!
どう責任をとるの、東電・政府。


思い出した(此処クリック)



102歳まで生きられて、この避難が”家族の足で纏い”にと、思い「自ら命を絶たれた」老人もみえる。
捨てなければいけない
故郷の思い」官はなんと思っているのか
・・・
陛下の慰問の姿をTVで見て、何故かこの歌を・・・・




日本では隠してしまった現実


三号機爆発Ⅰ(此処クリック)



一号機爆発Ⅱ(此処クリック)




海外では「隠したり」はしない。何故日本は隠すのか!!!

被ばくは、例え少量でも危険である。
どこまでが安全かなどとの基準は無い。

逃げ遅れた福島の方々は、被ばく量の実験動物にされている。
”早く逃げないと”・・・



















スポンサーサイト
Category: 思い
2011/04/13 Wed

写真をクリック下さい
京大 小出祐章助教授の緊急放射能測定結果






京大 小出祐章助教授の緊急放射能測定結果を知りたい方は、上記URLを 

「被ばくはどんなに微量でも危険である」。
これが第一原則である。

先日も、高濃度に汚染された放射能汚染水を、海に捨てておいて、
「海は広い、拡散するから安全だ」
「薄まるから、安心だ」
まぁー 政府の”お抱え学者”先生は、よくも言えたものである。

もう持って居るのだろうけれど、
そこまで「薄まるから安心と言うのであれば」、

海藻の調査結果のデーターを出せ!

食物連鎖は、海ではおきない等、訳の分らない説明などよりも、
海藻の調査結果を、何故出さない!

それは、発表すれば、政府の言っている矛盾点が見破られてしまうからに他ならない。
先ず最初に、海藻から放射能汚染は始まる。
そして海藻は、「セシウム」・「ヨウ素」を大量に取り込んでいるはずである。


調べた結果、「その数値が余りにも高いから発表しないで隠しているのであろう。」

そんな訳だからこそ、「風評被害」が広がるのである。


枝野幸男 官房長官殿
大気中に漏れ続けている放射能について、

「ただちに人体に影響が出る量ではない」。
何度も、貴方からこの発言は聞かされた。

しかし、
政府の「お抱え学者」では無い、京大の小出祐章助教授は、


微量の放射線物質であっても、「被ばくの総量によって晩発性の障害、すなわち、癌は発症する」。
そして、同、京大の今中哲二助教授の先月からの、福島県飯館村の現地調査の結果、
半径30kmを越えた地点からも、次々と50ミリシーベルトを、たった一ヶ月で超えてしまう地域が見つかった。
其の発表を受けて、政府は仕方なしに、「計画避難区域」「緊急時避難準備区域」という、
良く分けの判らないような言い回しの表現で、避難指示の設定地域を、
嫌々に設定したのではありませんか。(補償問題が見え隠れ)
そして更に、同助教授は、
広島や長崎の原爆被爆者の場合、
数年後に、白血病が発症し、さまざまな癌が十年後に出た。
チェルノブイリでは、数年後から子供の甲状腺がんが、確認された。

そして前出の”京大の小出祐章助教授は、”

「ただちに人体に影響が出る量ではない」

では無くて



「急性放射線障害には至らない数値」であると、言うべきであると、
緊急現地調査報告を、結んでいる。
・・・




 政府による隠蔽

お抱え学者による、いい加減な解説などは要らない!!!

きちっとしたデーターを公表すべきである。

京大 小出助教授 緊急現地調査の結果を此処に掲載した。



既に
※”原子炉の底に穴があいている”

嘘ばっかりの政府発表!


此処を、押し下さい



延々と海洋汚染を日本は続けるのか。
大変な事態である・・・












Category: 思い
2011/04/09 Sat
4-9-haruyukinosita.jpg

 黄色の模様が可愛い。

例年なら、もっと早くに咲くのだが、
タチツボスミレやマルバスミレと一緒に咲いている。

この黄色い模様は「ユキノシタ」には無い。。









Category: 野の花
2011/04/04 Mon
koiwazakura.jpg

 今年は随分と咲くのが遅かった。
サクラ草ばかりでは無いのだが、
ケスハマソウと一緒に咲いている。

庭の中で、スハマソウとミスミソウが自然交雑して、
「新品種」の花が一杯に咲いている。

でも、
其の違いは、私しか知らない。
さてー
あははー
















Category: 野の花
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。