野の花大好き 2011年07月

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2011/07/29 Fri
S-7-29-momo.jpg


 福島県の伊達市は、宮城県に隣接した町である。
福島原発からは、60kmほどの場所にあるのだが、
私は、原発事故当初から、「中村街道」に沿った場所は、
濃密な放射能汚染地域であろうと思っていた。

それは、
海からの風が吹くと、旗捲峠に吹き上げていたからである。
政府は「過小評価」をしたいのであろうけれど、
現実は、もっと深刻な放射能汚染なのである。

全ての「農作物」は、もぅー既に食べる事は、
きっと出来ないのであろう。

この伊達市を通る、R4号線沿いには、いっぱいの、桃が売られている。
桃でもリンゴでも、
標高が高い場所で、作られた物は、何故にか美味い。

それは、
「日中と夜」の気温差が、大きいからなのである。
その点、
国見町に近いところほど、そんな条件に恵まれる。
・・・
なにも伊達ばかりでは無くて、
宮城県の蔵王町の桃にも、大なり小なりの、放射能汚染はあるであろう。
出荷制限には、なって居ないと言えども、
放射能汚染された物に違いは無い。

そんな事を、考えれば、
「風評 被害」などでは無くて、
実際に放射能汚染に曝された物なのであり、
風評被害などとは言えないのである。

事実、「汚染された農作物なのである。」

大変に優秀な美味しさの桃なのだが
・・・

これから、
次々と、こんな農作物が出来てしまう。
東電や政府は、
こんな被害に対して、きちんと補償しなければいけないのであるが、
東電は、責任も曖昧で、
政府は、そんな東電を擁護する立場にある。

はたして、きちんと補償をするであろうか、
甚だ、疑問である。
・・・
























スポンサーサイト
Category: 野菜
2011/07/27 Wed


 例年なら、夏の高気圧が一番安定する時期なのだが、
ツェルトひとつ干す事もできないでいる。

毎日が、まるで梅雨時末期の、雷を伴った雨ばかりが降る。
例年なら、七月二十日前後が、梅雨明けの時期なのだが、
今年は、早々と梅雨明け宣言がでたのだが、
本当は、これから梅雨が明けるのでは?

なんだか、そんな気がしてきた  ?

「不帰(かえらず)の峰を越えて」


押し下さい


山は魔物が棲んでいる。

勿論、アルプスにも、私の心にも・・・




Category: 風景
2011/07/27 Wed
11-7-26.jpg


「露にさめて瞳(ひとみ)もたぐる野の色よ夢のただちの紫の虹」

                              「はたちの妻」より  与謝野晶子
Category: 風景
2011/07/26 Tue
takidani1.jpg
 山登りは、本来、死と生との挟間に存在をするもの。

ミーチャン、ハーチャンの、山登りなど、「山登り」と、よぶと、
多くの山男には失礼なのであろう。
そんな、山登りもしてきたのだが、今では無理。

そろそろ、山の未練も断ち切る年代になったかも知れない。

正月の「滝谷」

Category: 野の花
2011/07/25 Mon

S-cyuou.jpg


 折角に、出かけたのに・・・
「お気のどく」

もぅー山小屋には着いたはず。
「スゴ乗越小屋」だろうか?
それとも「五色山荘」だろうか?

本来なら、夏山登山でも一番に良い時期なのだが
・・・
明日、北薬師・薬師越えだと、北薬師の手前の岩場を気をつけないと

見えるのは、自分の足元だけ、
昨年の、雲の平も、雨続きだったそうなのだが、
「雨おんな」?
一年間、一生懸命に努力したのに~
同僚や上司に、頭を下げて、有給休暇を取ったというに、
お気の毒としか言いようが無い。

せめて、
明日、一日「晴れて、くれれば」良いのだが
・・・

S-yari.jpg



本当は、雲の平 越しに、こんな槍・穂高の峻峰が見えるのだが
・・・











Category: 風景
2011/07/25 Mon
S-hiougi1.jpg


「紅(あけ)に名の知らぬ花さく野の小道(こみち)いそぎたまふな小傘(をがさ)の一人(ひとり)」
                                             晶子

汝、
「はな名を知りたく有れば今の世に現し召され教え遣わす」
                             雨魚



 でもー
お化けになって来たら、
”絶対に怖い” あははー

名を「ヒメヒオウギアヤメ」と、申す~♪


Category: 野の花
2011/07/24 Sun
7-24-a002.jpg

 名古屋は、道路が広い。
東京・大阪・仙台にも、勿論に広い道はあるのだが、
決定的な違いは、
「全ての道が、広いのである」。

これは、
これを、そう言うと、「あーそぅー」と、一瞥されてしまうのだが、
それは、違う。

道の広い事は、車での移動に時間がかからない事、
そして、
何よりも、現代の「車、社会」を、見据えた発想があったのである。
それは、
同時に、地下鉄の発達、地下街の発展、
強いては、
近い将来、日本の未来を背負う街~

あえて、
トヨタ自動車は、不利を覚悟で、東北に拠点を建設。

それは、
何を意味するか?

「日本人なら」判るであろう~♪


Category: 野の花
2011/07/24 Sun
TV2.jpg


 名古屋のテレビ塔は、
日本でテレビの電波を発信する為に作られた最初のテレビ塔である。

そして、この道路は、名古屋市を東西に貫通している、
片側五車線、両側で10車線の「桜通り」である。

テレビの電波を発信すると言う役目は終った。
このテレビ塔、将来、どのように利用するのであろうか?

解体するにも維持するのにも、
年間二億円ほどの、お金が掛かるのだが、
さてー  ???


Category: 野の花
2011/07/22 Fri
S-titatidori.jpg



 「おぞい」
言わない?
おぞい=ぼっちい=ぼっこ=お粗末

「名古屋水上署」の船である。
要するに、「海のパトカー」なのだが、
余りにも、お粗末過ぎるように見えたのは、私だけ?

ある程度の港のある都市には、港専門の警察署があるのだが、
仙台にもあるのかな?

水上警察署なのだが、
その専門は、密輸や密入国なのであると聞いたのだが、
麻薬捜査官などと、結構に連絡しあって、
そんな仕事もするようである。


こんな「ぼっこ」な船で、大丈夫?



水上警察署
調べてみた、仙台には無かった。

横浜水上警察署(神奈川県警察)
名古屋水上警察署(愛知県警察)
大阪水上警察署(大阪府警察)
神戸水上警察署(兵庫県警察)

日本には、この四箇所、水上警察署があった。





Category: 野の花
2011/07/22 Fri
S-huzi1.jpg



南極観測船である。


今は、名古屋港に係留保存されている。


でもー
今になって、改めてこの船を見てみると、如何にも「みすぼらしい」
こんな小さな船で、
一年中嵐の吹きすさぶ、南氷洋に出かけたものである。

今の、私なら「降参・降参」~(笑)




Category: 野の花
2011/07/22 Fri
8-22-s001.jpg

 山のように荷物を積んで~

名古屋港からの、入船・で船の数は、
震災以降に、めっきりと少なくなっていたのだが、

やっと以前の賑わいを取り戻したようで、
左が「自動車運搬船」で、右が「大型コンテナ船」である。

日本一の港、「名古屋港」である。
日本の製品は、此処から世界各地に運ばれて、
貴重な「外貨」が、稼がれているのである。









Category: 野の花
2011/07/22 Fri
S-kibanano-renrisou.jpg




「キバナノレンリソウ」と同じ仲間である。


此方も、日本での自生地は一箇所だけなのだが、
「ヒロハノレンリソウ」の自生地も、数は少ない。



7-22-s001.jpg

<

良く見れば、花は良く似ている。
同じ「レンリソウ」属の花である。



Category: 野の花
2011/07/22 Fri
S-toriton.jpg

 トリトン西大橋である。

西があれば、東も当然にあるのだが、
二つの橋は、名古屋港九号地でつながっていて、
その場所が「フェリー埠頭」である。

その道を「伊勢湾岸道路」と呼んでいる。
東京で言う「ベイブリッチ」と同じような高速道路で、
今では、名2環と呼ばれたりもする、第二名神高速道路の一部なのである。

名古屋港中央埠頭から、眺めてみました~♪




Category: 風景
2011/07/22 Fri
7-20-s001.jpg





「 展轉び 恋ひは死ぬとも いちしろく 色には出でじ あさがほの花 」




恋焦がれて死ぬほどの恋もできない・・・



勿論に「あさがお」のように、恋は目立たぬようにすべきもの・・・

あさがお=キキョウの事


Category: 野の花
2011/07/21 Thu
S-hamagou.jpg


「はまごうの あはきむらさき いまも咲きて わがふるさとの 磯は変らず」

 微かに香りがある。

「砂山の砂つたいに柔らかに咲きぬハマゴウ群れて可愛ゆし」

                             雨魚




Category: 野の花
2011/07/21 Thu
yuusuge.jpg


 「 かの町の 野にもとめ見し 夕すげの 月の色して 咲きゐたりしか 」

                                   今上天皇后


 美智子皇后さまの歌である。

彼女、とても繊細で素敵な詩を詠まれる。
やはり尊敬する人、素敵な人である。

日本女性の、象徴はかく有るべき~♪


Category: 野の花
2011/07/21 Thu
S-hama-nadesiko1.jpg

 この花も、ご多分には漏れずに数を少なくさせている。
愛知県下で私が見つけた自生地は、一箇所だけである。

クチクラが光って、撮影がしにくい植物である。




Category: 野の花
2011/07/21 Thu
S-7-18.jpg

伊勢の「日本鋼管 津造船所」かな、

対岸の、愛知県の知多半島の野間から撮ってみた。
夏は、こんな場所に日が沈む。


Category: 風景
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。