野の花大好き 2012年01月

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/01/30 Mon
昼休みに「ちいさな春」を探してみましたー
今年は、寒いから、きっと遅れるだろうと思っていたのだが、
意に図らんや、例年どうりで、
意外と「春」は、早いかも知れない。
なんと思ったりもしたのだが、
明日からは、一段と厳しい寒さになるらしい。

皆様が、違いが分かるように、
少し、説明文も添えてみましたー♪


「シロバナタンポポ」

S-siro.jpg


まぁー これは言わなくても分かると思いますが、
”白いタンポポ” です。

「関西タンポポ」

S-関西タンポポ


この子は、スマートな子です。
何処がスマートと言うと、総包片(花弁を包んでいる部分)、細いでしょぅー

「東海タンポポ」

S-東海タンポポ


この子は、総包外片が、花弁の中央よりも長く伸びている。
その為に、タンポポの綿毛が、まん丸なるのですが、外片が邪魔をして、丸くならないです。
スポンサーサイト
Category: 野の花
2012/01/29 Sun
1-29-a001.jpg


 目の前を女学生が仲良く通りすぎてゆく。

此処は、国道一号線の交差点である。
そんな女学生には、一杯に笑がこぼれていて、
なんの話題に花が咲いているのかは知る由もないのだが、
信号待ちで、待っている私までもが、愉しくなってくるから、
笑(えみ)には不思議な力があるのかも知れない。

あい変わらずに、気温の低い日は続いているのだが、
今日の、春の日を想わせるような日差しが一杯に浴びてか、
笑も自然に、溢れてくるのかも知れない。

そんな、
国道一号線の、信号の先には、雪をいっぱいに、
頭にかぶった、「伊吹山」が見えている。

名古屋の冬景色です。

女学生は通り過ぎて、信号は変わった。
冬の 一時の出来事でした。


Category: 日記
2012/01/27 Fri
norikura2.jpg
ところうで、
貴方、何処のどなた様 ?
あははー


 趣味人倶楽部も少し・・・

http://smcb.jp/guide/001.html

そう言う、俺っちも充分に年寄りなのだが、
・・・
もっと、年上ばかりである、
あははー
爺・婆、くさい・・・

すこし、嫌気も~
でもー
OCN Cafe で、一緒だった方が見える。
その方たちと、話ができるだけ良しかな。
・・・


さぁー
愚痴を、言ってても仕方がないし、
そんな、年なのかもしれない?
納得は、していないけれど
・・・

乗鞍岳頂上で~

norikura200.jpg

何だか「爺・婆」の○○探しの場?
あははー
「お気に入り」登録したらしつこい位の”お誘い”
「ミニM]のやり!
携帯T○L番号は?
「なんで、お前さんに、教えなきゃーならないの」
”お馬鹿”
速攻 削除!!!

「ボケてるのじゃー無いのかなぁー」?

そんなリタイヤ組さんのように暇など、俺っちには無いし、
俺っちには、そんな気持ちも一切に無い。

関わらないのが一番!
怖いー 怖いー
ぎゃはははー

「剣岳」

turugi.jpg



1 夢に描いた 剣の山によ
  意気と力でね ぶち当たる ヨカネ

2 剣見るなら 赤谷(アカダン)尾根でよ
  大窓小窓にね 三の窓 ヨカネ

3 窓に数々 窓はあれどよ
  剣の大窓ね 日本一 ヨカネ

4 ブナでドンと打つ 雪崩れの音はよ
  ごついおいらのね 度胸試し ヨカネ

5 窓をあければ 富山の町がよ
  暗い夜空にね 薄明かり ヨカネ 6 ザイル結んで 氷の尾根でよ
  仰ぐ剣のね 薄化粧(ケハイ) ヨカネ

7 遥かに見下ろす 池ノ谷(ダン)のよ
  暗いゴルジュのね 蒼氷 ヨカネ

8 どうだ見てくれ おいらの焼けたよ
  山の男のね 色香り ヨカネ

9 ひげを伸ばして 伊折へ下りゃよ
  おいらを待ってるね 獅子舞が ヨカネ

ダンチョネ節の替え歌です。


どこかの写真をクリックで聞こえてくるかも?
(他のページにも 仕込んであるかも?)
あははー


Category: 思い
2012/01/24 Tue
toritonn.jpg宜しければ


 意味判るかなぁー

なんぼー〜なんぼぅー
はい。
楽な仕事だよー
一万円・一万円!

名古屋なら「笹島」
東京なら「山谷」
大阪なら「釜ヶ崎」

要するに「日雇い 人夫」を集める掛け声である。

此処は、トリトン東大橋の下である。
海からの季節風は、骨身にしみる!

さぁー
お風呂を頂こう。

こんな場所も仕事場である。










Category: 思い
2012/01/22 Sun
「ショウジョウバカマ」


syuzyou.jpg

「マンサク」

S-mansaku.jpg
早春賦



「ミツバツツジ」

mitubatutuzi.jpg


 雨上がりの日曜日である。

東海の森で、”キクザキイチゲ”を探してみた。
花のない株は、葉も展開をし始めているのだが、
花芽は、まだ土のなかであった。
いちい峠を下って、合掌家屋の裏を抜けて、星ヶ丘への道をこえたところうに、
マンサクの木がある。
チョコレートに包まれた芽から、わずかに黄色の花弁も覗かしている。
花園の丘を越えて、下り道に、
なんだー
こんなところまで年度末。
やめてよー
年度末の土木工事などは、
結局、竹林の道は、最後まで工事中の道であった。

四月になるまで、この道は通らない!
「万葉の小路」に、すればよかった。
・・・

Category: 野の花
2012/01/21 Sat
1-21-2.jpg

女ひとり


 この寒いのに、何を好んで「山登り」をしてるの?

方や、市会議員の初詣に、なんで比叡山なの?

どちらも? マークなのだが、
互いに共通点は、
「皆、中高年」
あははー

この時だけ、時雨も止んでいた。


「比叡山 延暦寺、根本中堂」

1-21-3.jpg

宜しければ


懐かしい曲

京都は、折角、京都東のICまで行ったのに寄らなかった残念!


滋賀と京都の境、
「洛北地方」と呼ぶの?
この辺、京都が呼んでるかのようで好きです。


このBlog どうして選んだか知っていますか?
それは”タグ”が使えるからでしたー♪





Category: 日記
2012/01/19 Thu
「 ふれ時雨 消えよCafeよ けしてみよ 思いの月日 さらばNTT  」
                                  雨魚


 三流の企業に成り下がってしまったのであろう・・・「NTT」
高いだけ!

auに変えた。
¥24000円、商品券 何に使おうかなぁー♪

OCN Cafe かぁーー
何だか 懐かしい気もするのだが、
最後までなどとは、決して思わない。

「しがみついて」いるようで嫌だからである。

新しいところで、一刻も早く、新しくWeb友、
見つけた方が、良いに決まっている。

なんとか決まった〜♪





Category: 思い
2012/01/19 Thu

この冬、見かけた「赤い実」達です。
名前は?

1-19-001.jpg

1-19-002.jpg

1-19-003.jpg

1-19-004.jpg

1-19-005.jpg

1-19-006.jpg


結構、小鳥さんに食べられてしまうものもー
でもねー
こんな実を、小鳥さんが啄むのを見てるのが好き!
わたし、小鳥さんに嫌われたかも知れないけれど、
見ていると来てはくれなかったー

幾つ、わかりましたか?



Category: 野の花
2012/01/18 Wed
二足の草鞋

 あははー
日記の更新もすこし”しんどく”なってきた。
書く事が「おっくう」と、言う訳ではないのだが、
書く時間がないのである。
「趣味人倶楽部」の方は、
OCN Cafeと比べて、圧倒的に会員数が多いのかも知れない?
「山好き」のサークルに入ったのだが、
もの凄い数の人である。
これじゃーアルプス銀座になるはずである(笑)

「趣味人倶楽部」
http://smcb.jp/guide/001.html

山の話を少し書いたら、北は北海道から、九州のかたまで反応がかえってきた。
あまりCafeのように、おかしな事は書けない。
あははー
人の出会いとは分からないもので、
昨年、登った山登りのうち、
私と一緒の山を登っていた人が独りいた。びっくり!
群馬県の人であった。

八月の六日に「南蔵王」
八月の七日に「月山」に登った方である。

私は、訳があって宮城県側の「遠刈田温泉」の共同浴場で入浴をしたのだが、
この方は、
蔵王温泉の「下乃湯」の温泉に浸かって、
「月山。道の駅」で、車中泊したそうである。

「道の駅 月山」
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/yamagata/ya01.html

そうかー
その手があった。 うーぅーん。なるほど。
一日、なるほどに短縮できる。
この一日が大きくて、
八月九日の日には、「鉾立て」から”鳥海山”に登ってみえた。

世の中、広いようで狭いのかも知れないが、
同じ日に、同じ山を登ってみえた方がいた。
同じ山なのだが、いずれも登山コースが違っていた。
でも、
何処かで頂上は一緒であるから、すれ違ったのかも知れない。
そんな登山者の顔を思い出すのだが、
プロフィールの写真の顔の方とは、お会いをしてはいなかった。




月山
宜しければクリックを

Category:
2012/01/16 Mon
inuhoozuki.jpg参考ページ

 Cafeの、彼女のページを今朝すこし覗いてみた。
高瀬からを計画しているようなのだが、大丈夫!
”へろへろ”になってでもー多分大丈夫。
(最も”きつい”ルート、だから私は下りに(笑))
「ブナ立」まで、登りきるであろう。
頑張れ !!!

ところうで、「この子」
昨年末から観察を続けている庭の雑草であるのだが、
鋸歯が無いから「イヌホウズキ」
鋸歯があるから「アメリカイヌホオズキ」
そんな簡単には「同定」できない。

いま、この写真のように実に「照り」が、あったら
「テルミノ イヌホオズキ」に見えてしまう。
そうでは無い。
外見上の”テリ”も、ひとつの特徴には違いはないのだが、
むしろ外見上で判断をするのであれば、
「実」の柄の出ている場所の違いを重点に見ることであろう。
しかし、
それだけでは、十分とは言えない。
結局のところは「解剖」と、いう事になる。
もう少し、実が熟したら「解剖」してみよう。
外見上の特徴からいえば
「イヌホオズキ」なのだが・・・?














Category: 野の花
2012/01/15 Sun
1-1-g.gif

「趣味人倶楽部」
残念でした、GIFファイルは貼れませんでした。
折角、先に趣味人に書いたのに蹴られましたので、
作ったGIFが可哀想?
こちらにUPします。

「ソシンロウバイ」と「ロウバイ」の違いです。

素芯(そしん)とは字の如く、
中央も外片と同じ色で、すべてが黄色です。

一方「ロウバイ」の方は、
中央の部分に、少しですが「赤味」が差しています。

これだと、「ソシンロウバイ」と「ロウバイ」の違いがよくわかると思います。

参考になれば幸いです〜♪


Category: 野の花
2012/01/14 Sat
 いろむ?
まだー”いろんどらん”!
言わない ?


標準語だと、どぅーいうのかなぁー?
「いろむ」は、熟すことだから、
まだ、熟してはいない”ぶどう”かな?
何だか、まどろっこしぃー


nosi-ran.jpg

”ブドウ” 違う、違う!!!

「ノシラン」
そんなの「知らん」!って言われそう
あははー

まだ、みのっとらんでー色が淡いけどー
まっとぅ(もっと)ー ブルーベリーのような青い色になります。

Category: 野の花
2012/01/13 Fri
S-kanzaki-ayame.jpg押すと音源

 ぶーぅー あははー

トラのプロレスラーは シマシマパンツ
はいてもはいても すぐとれる
がんばらなくっちゃ がんばらなくっちゃ
がんばらなくっちゃ
から手をビシビシ パンツをするする    ♪

「ピンポンパン体操」だったっけー ?
昼休みに、そろそろと思って、
庭の松ノ木の根元の、この子を、
クローズアップで写真を撮って見ようとレンズを構えた。
あははー
「カンザキアヤメ」のこの子、
トラのプロレスラーのパンツで、
思わず、この歌が出てきた(笑)
ピントが定まらないー あははー

まぬけな忍者は だれ?






Category: 野の花
2012/01/13 Fri

昨日は「メンテ」?

美濃の”大日岳”

1-12.jpg

 やっとつながった。
此処につながらないから、仕方なしに、
違う場所に日記を書いてしまった。
まぁー
いいっかぁー
あははー

鈴鹿の山も、伊吹山も大日岳も「真っ白」である。

”まさに冬”

木曽の”御嶽山”

ontake.jpg



Category: 名古屋
2012/01/11 Wed
higasiyama.jpg
写真をクリックしてね


 昔
縁日で「万華鏡」を売っていた。

私は、
それが、欲しくて欲しくて、母親に”おねだり”をして
買ってもらった。

ん?
何故、こんなになるのか不思議で、一日も二日も覗いていた〜♪


Category: タグ
2012/01/10 Tue

sarasadoudan.jpg


 「サラサドウダンツツジ」
 葉の展開が始まりかけている。
なんとも、「初々しい葉」である。

これからが一番に寒くなる時期なのだが、
この仲間の新芽の展開が、今年は非常に速い。
ひょっとしたら、
「春の訪れ」が、はやい知らせなのかも知れない〜♪


hosoba1.jpg


 同じ仲間の「ホソバシャクナゲ」である。
”いちい峠”の、この子は沢山の蕾をつけていた。
桜の花が咲いて、
きっとこの子の花が咲く。
今年は、見事に花を咲かせるであろう〜♪





Category: 野の花
2012/01/09 Mon

「津島神社」

tusima1.jpg

 よく”ご縁がある”とか、「縁が無い」とか、
言うのだが。

tusima.jpg

こんな事なのであろう。


 ”食は地方の「文化」”である。

あぁー
そうーそぅー 
「冬の尾張の名物」と言ったら”鮒味噌”である。

これは、名古屋でもどちらかと言ったら西在(にしざい)方面の名物である。
名古屋の西部地域は、水郷地帯である。
その木曽三川の豊かな水は、
当然の事で、鮒・鯉・ナマズにうなぎ、シラハエ(オイカワ)・テナガエビ・・・
多くの魚を育んでいる。

よく「川魚はドロくさい」などという人も居るけれど、
だからこそに、名古屋独特の「赤味噌」で炊くのである。

私にとっては、”おばあちゃん”の味〜♪
そうだ、
”鮒味噌”が食べたい!
ある方に、教えてもらった場所を訪ねる事にした。

名古屋高速道を、千音寺(せんのんじ)で降りて、302号線へ、
すぐに津島街道である。
津島街道を前の車についていったら、
自然に「津島神社」の駐車場に誘導されてしまった。
そうかぁー
まだ、松の内。
縁があったと言うことで、初詣をした。
あぁー
そうそぅー
「鮒味噌」「鮒味噌」

sakanaya.jpg

残念!
休みであった。

仕方なしに、付近を車でウロウロ〜
津島駅前の近くに、一軒の魚屋を発見。
どうせ、
鮒味噌などは、無いだろうーと、思いがてらに、
聞いてみた。

「鮒味噌」
ありますかー

「はーぃ」
ありますよー 美味しいですよー

おっとっとー
流石、本場である。

とっても恰幅の好い娘さんでしたー
あははー

huna.jpg

目的の、店とは違ったけれど、

”津島神社」に、「鮒味噌」
ご縁がありました。
「冬の名古屋のご馳走」である〜♪








Category: 日記
2012/01/09 Mon
「カンアオイ」

kanaoi.jpg

”岐阜チョウ”の幼虫の餌で有名な植物。

近くの「海上の森」の、この子には、ギフチョウが食べたであろう痕跡があった。

”春の妖精”
ギフチョウは、ここで舞遊ぶ姿が、今年も見られそうである。

残念ながら、
東山には、食痕は無かった。
ここでは、カンアオイは一杯あるのだが、
ギフチョウは見られそうも無い。

「物見山」では、
ギフチョウが見られるであろう。

その為に、態々12月に、ここに出かけて、カンアオイを見てきた〜♪


Category: 野の花
2012/01/09 Mon
azukinasi.jpg


 青空に見事に実を一杯着けている。

冬の風景である。

この実は、小鳥さんは食べないのかなぁー
近くでヒヨドリを見たのだが、
この木の周りいは寄ってこない〜
美味しくないのかな?



Category: 野の花
2012/01/09 Mon
toumin.jpg

 毎日寒い日が続いているのだが、
確実に、「春はそこまで」

誰も、東海の森に咲く、この子を見てはいなかった。
落ち葉を、そっと除けて、
この子の様子を観察してみた。
確実に、冬眠から目覚め始めている。

「キクザキイチゲ」の、冬眠打破の様子である。



Category: 野の花
2012/01/08 Sun
 今朝は氷が張った。

koori.jpg

今年は十日ほど、いつもの年より遅れているようである。

「シモバシラ」と、言っても、
れっきとした、植物の名前である。

simobasira.jpg

そうは言っても、
温暖化の影響なのであろうが、
この「シモバシラ」(植物)は、もっと激しく十年ほど前には、
凍りついて破裂したものであるのだが、
今年、初めて凍ったのを見た。
(去年は、一度も凍りつかなかった)


一番初めに、春の訪れを告げてくれる花である。
真ん中に「赤い」ところがあるから「ロウバイ」の花である。
武家屋敷の前の「ソシンロウバイ」は、全てが黄色である。
こちらは、後、五日ほどで咲くであろうか?

roubai.jpg<br />
写真をクリックしてね


それにしても「宮崎県」には、いい歌が多い〜♪

・・・
東海の森、万葉の小路・薬草の道と、歩くと、
普通に歩いて二時間程度だから、
どの位歩くことになるのかなぁー ?
山登りの訓練には、程遠い距離〜あははー











Category: 日記
2012/01/08 Sun

写真をクリックしてね


「サンシュ」のことを、この地方で、「サンショ」と呼ぶのかな?
少し混同している。
でも「サンシュ」と文字表記にはあるから、
こちらが正しいのであろう。
この「ひえつき節」とっても古い形が残っている。
音源残して欲しいものである。


庭の山しゅうの木 なる鈴かけて
鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれよ

鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ
駒(うま)に水くりょと 言うて出ましょ

おまえ平家の公達のながれ
おどま追討の那須の末

那須の大八 鶴富置いて
椎葉たつときゃ 目に涙

泣いて待つより 野に出て見やれ
野には野菊の 花盛り


 今の時期であろうか?
サンシュには一杯に鈴をかけたように実がなっている。

娘が鈴を鳴らして呼んでいる。
「娘さん」
馬に一杯、水を下されませ〜♪

源氏に敗れた身とはいえ、
泣いてばかりいづに、
外に出てご覧、野菊が花盛り、
あぁー
そうかー 11月の末のようである。

・・・

Category: 日記
2012/01/08 Sun

写真をクリックしてね


 今では指輪もまわるほど
やせてやつれた お前のうわさ
くちなしの花の 花のかおりが
旅路の果てまでついてくる
くちなしの白い花 
お前のような花だった。


花の盛りはすぐに過ぎてしまう。
でも、
知ってはいるのだが、見えぬ素振りを、
いや、認識したくは無いのが人間なのであろう。
・・・
白い花は、赤い実となる。










Category: 野の花
2012/01/07 Sat
 小学校の冬休みは短い。
その短い期間に小学校の工事などは集中する。
このせちがない時代に、仕事があるだけでも感謝をせねばならぬのだが、
かと言って、人間のすること、
正月休みもせねばならないし、
工事は重なる。
我が社は、大企業では無いから、三班に分かれて、
学校巡りである。
俺っちの班が、一番早く済ませて、帰社した。
俺っちの班が使っていた、クレーンは、
明日は、2班に貸してあげなければ、
二班は、美人教頭先生(今は、校長先生)の学校である。
俺っちが、変わっていこうかなぁー
心がわり
(でも、明日は日曜日、きっと居ないから、止めておこう)

あははー


Category: 日記
2012/01/06 Fri
今夜は「大晦日」
ん?
明日は七日正月。

今夜は魚を食す日、
何故?
我が家は
昔から、そのように決められている。
理由はしらないけれど、”御頭付きの”魚を食べる日である。
家だけの仕来りか、世間一般なのかは調べたこともないから知らない。

”七草”
明日の朝は「七草粥”である。
それも、昔から、夜が明ける前に刻むことは当たり前である。

唐土の鳥が、渡らぬ前にである
・・・

1-07.jpg


昨夜は,メバルの煮付けに、汁物は鍋。
メバルも、よっぽど鍋に入れてやろうと思ったけれど、
仕来りは、仕来たりと、いう事でー
残った汁で「七草粥」
お節の残りの、伊勢海老の頭・タラ・白菜出汁がよく効いていそうだー
今朝は、
贅沢粥?

あははー



Category: 日記
2012/01/05 Thu

 朝は、
”法螺貝”の響きで起こされる?
確かに、どなたかが、そぅー教えてくれた。

一向に「修験者」の法螺貝は聞こえてはこない。
私は、
夜明け前に、すでに目を覚ましていた。
ガスで朝食の準備をしていたら、
「食べ物」くださいと、ん?
白装束の人である。

「ぷぅー」と、”すかしっぺ”のような「法螺貝」の音
~あははー

腹が空いていたのかもぅー




写真をクリックしてね

Category: 風景
2012/01/04 Wed
 仕事始めは五日なのだが、
これは、熱田神宮への初詣だけである。

勿論、
労災事故など無いように、今年一年の安全祈願なのだが、
皆、揃って”宮”の神様に祈願することから始めである。
是は社内規定行事で、絶対参加である。
例年なら是で、「お神酒」を頂いて解散なのだが、
今年は、
誰かさん、何処にも出掛けなかったから、
身の置き場に困っている。
TVもよく見過ぎたし、山も寒いし・・・
何処に出掛けるにしても高速道路は渋滞しそうだし~

さぁー
少し仕事でもしようかなぁー
そういえば200トン、シャーリング少し歯の切れが悪かった。
クリアランスの少し調整が必要である。
でも、
まだ神様に安全祈願を頼んでいないから、
9.0mmの鉄板を、真っ二つに切断する機械である。
とてもデカイ機械である。
気をつけてしないと、体など幾つあっても足らない~
勿論、
人間の腕の一本や二本など切り落とすことなど容易いことである。

”お神酒”と”塩”で、お清めをしてから、
皆が、出てくる前に少し調整をしておこう。


今朝は、こんなのを作った。


写真をクリック

インフォからの移動である。
大変

ふぅー



Category: 日記
2012/01/01 Sun
 今年は、久しぶりに名古屋で新年を迎えた。

周りに雪はあるわけでも無くて、穏やかな元旦である。
寒くないと、言う事は、これ程に有り難い事なのだと、
あらためて年の初めに、再認識をした。

ニューイヤー駅伝をTVでみている。
年の初めは駅伝なのだが、明日は大学生の駅伝で、
下手な低俗番組などよりも、
来た年を、ランナーに重ねてみるのが面白い。

そんな、
年の初めなのだが、今年こそ
穏やかに一日一日過したいものである。



Category: 思い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。