野の花大好き 2012年08月

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/08/27 Mon
CA2C5W0U.jpg

浄土平まで登ると、中央アルプスの主稜線である。


CACVK7ZX.jpg


その登りの、登山道脇に「ミヤマクロユリ」が咲いていた~♪

CAS10KQU.jpg

これから、この岩の山を越えなければなりない。

「宝剣岳」は、さしずめ 「針の山」
両側スパット数百mの絶壁である。



木曾前岳と駒ケ岳を、滑川本谷側に、まいて今日の宿である。

CAU5SI57.jpg

山小屋の布団は、湿っぽいことが多いのだが、
今夜の布団は、
親父の、心遣いが嬉しい~ほかほかに、干してあった~♪


CA1ZRT4J.jpg

天皇陛下の「お山」から

S-ena.jpg

右 「恵那山」  左 「高嶺山」

高嶺山は、こんな風に見えますよ~♪


「御嶽山」からは、
左 奥が「恵那山」小さく横に見えるのが「高嶺山」でしょう。

CA1B5D99.jpg

御嶽山は、海抜3067.4m で、日本第六位の高さです。

「天皇陛下の、お山は、」
御嶽山では無くて、馬籠の道を、飯田方面に、
途中から「大平峠」へ
中央アルプスです。

「 御料局 三角点」


on.jpg


天皇陛下の持ち山の印(宮内庁)
誰でも、自由に登ることが出来ますが、
此処まで、来る「東沢林道」が、凄い悪路で、
四駆じゃないと無理かも知れません。







スポンサーサイト
Category:
2012/08/13 Mon

 あれは何年前になるのかなー?

激しく揺れた。
紅葉もすでに終わって、初雪もきていた。

わたしは、
この年の七月にも「この子」を探しに、この山に登ったのだが、
この子を探しきれずにいた。

けたたましく電話のベルが鳴った。

「こちら 上松無線局」
現状を至急知らせよ!

丁度、夕食時であった。

山が一瞬、うなりをあげた、地鳴りである。
滑川本谷から 凄まじい落石の音と共に、土煙があがった。
玉窪小屋に通じる、巻き道の方向である。

客は、わたしと、東京から来たという、中年の女性と二人だけであった。
主と、私たち二人は、椅子から立ってテーブルを押さえていて、
やっと揺れが収まったところうであった。

「 こちら、木曾小屋 」
客二名、私(主)とも、異常なし!

「今日で、今年の営業は終了します」
巻き道を使わずに、
中岳の頭を越えて帰ってくださいますように、


「お世話になりました」
浮石があるかも知れないから、
くれぐれも気をつけて下ってください。

ではー
また、きまーす。


それ以来であるから、
「中越地震」
発生日 2004年(平成16年)10月23日
発生時刻 17時56分

八年振りと、いう事になる。

が、
実は、その間、この小屋に泊まらずに、
この子を探しに、日帰り登山が一度だけあった。


CAQTQHV4.jpg

「クモマスミレ」

親父(主)は、
私の顔を、ちゃんと覚えていてくれた。

あの時に、壊れてしまった、暴風壁の石組みを直した話。
・・・
また、始まった「熊狩」の話。

でもー
わたしが、熊狩りが嫌いな事も、親父はちゃんと覚えていて、
”どんぐり”の木を山に植えなければと、
名古屋営林局への愚痴で、
酒の話は、終わった。

CA9DHZ3G.jpg

「 三の沢岳 」


。。
Category: 野の花
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。