野の花大好き 2013年07月

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2013/07/17 Wed
 
 また今年もこんな季節になった。

連日、名古屋は、日中の最高気温が37℃を超える猛暑日である。
今日で五日続きで、記録を更新したとかテレビのニュースが伝えている。

「海の日」
感覚としては七月二十日が「海の日」だとの思いが強いのだが、
それは、
ちょうど「夏休み」を子供たちが迎える日なのであるからなのであろう。
今年は、
その海の日は、七月の十五日とやらで、
七月、13・14・15日と、三連休になった。
天気予報では、
山沿いの地方では、不安定な天気で荒れるかも知れないと伝えていたのだが、
この、暑い名古屋から逃げ出さすには居られなかった。

雨なら雨で、構わない。
熱帯夜の夜から逃れなれるのならば、
それも良かろうと、陛下の「お山」の入り口の避難小屋で寝てみようと心に決めた。

s018.jpg
穂高よさらば


この「東沢林道」に着いたのが、夕方の六時過ぎであった。
登山者ポストに、用紙が入っていなかった。
困った。
仕方なしに、行動予定と日付を書いて入れておいた。
所轄警察は、長野県警・飯田署である。
「北アルプス」では、こんな事は絶対にないのであるが、
めったに人が登るような事の無い、「中央アルプス」の南部の山である。
まぁー 其の分、静かと言う事なのでもあるから、
文句も言えない。

7-14s001.jpg
元々は広島大学「山岳部 部歌」なのが


避難小屋に到着したのは、19時少し前であった。
今のこの時期が、一番に日の長い時期である。
余裕を持って、夕餉の準備に寝る準備もできた。
どうやら、
この避難小屋に泊まるのは、わたし独りだけのようである。
やったー 「貸切」!
色々 歌など歌ってみた~♪

7s003.jpg
日本の風景 見ること出来るかな?


シュラフを出すまでもない。
リックを枕に寝れば良い。
安酒二合を、カップヌードルをあてに飲んで寝た。

漆黒の闇となった頃、
全くの光の無い、ただヘットランプの明かりだけが頼りの、
窓のそとに、深い霧が立ち込めたとおもったら、
稲妻が光、激しくトタン屋根に雨音がしだした。
すこし、
※うしろを断たれる心配もしたのだが、
(東沢林道が通れなくなる)
いま、そんな心配などしていても仕方が無い。
そうなったら、
そうなったで、二十kmほど歩いて、人家のあるところ(大平集落)まで行けば良い!
そう思ったら、
気楽なものである。

トタン屋根の雨の音は、カラオケがわりに、
暗闇の中で、山の歌など歌って寝た。
「陛下の、お山」を独り占め!
なんとも愉快である。


ぶるーぶる、ぶるー
さむぅー
夜明け前に、寒くて目が覚めた。
一旦、車に戻って、登山支度を~
半そでで寝ていたのじゃぁー 寒いはずである。
車の温度計は、外気温「17℃」を示していた。

7s002.jpg
写真クリックで「信濃の恋歌」


服を着替えて、
再び避難小屋に、誰かが忘れたのか、
いやー違う!
きっと、後から此処に来る登山者の為に、
わざと置いて行ってくれたのであろう。
その証拠に、ヤカンまでもが置いてある!

「 やま男、どうしののよー
心いきはよー、山で鍛えた こころいきだよー」
(山男の歌の替え歌)

どこの、どなたの「山男」かは知らないけれど、
有りがたく、そのヤカンで湯を沸かして、
コーヒーを飲んだ。

昨夜来の雨も、ほぼ夜明けと同時に上がった。
なんと幸運なのであろう。
登山道は、登りから一気に直登で高度をあげる。
振り向けば、
見慣れた「恵那山」の姿が、雲の向こうに見えている。

7s004.jpg
山のけむり


随分と、登山道も整備をしたようで、
快調に歩く事ができるのだが、藪蚊の多いのには閉口した(笑)

7s005.jpg
四季の歌


「はしご場」も作る変えられたようで、
随分と立派になったのだが、
今日のような、木が濡れているときは滑りやすい、
慎重に「のっこした」。

7s006.jpg
銀色の道


此処まで、登れば、
最後の「水場」の沢伝いに、沢登りをしたら、
首を縮めて、石楠花の林の中を歩けば、
稜線は直ぐそこである。

7s007.jpg
山の娘ロザリア


まだ 少しだけ「石楠花」の花が残っていた。

栂とシラビソの混生する稜線である。

7s008.jpg
小さな日記


摺古木(すりこぎ)自然園である。
この稜線を30分も歩けば、天皇陛下の「お山」の頂きである。

7s009.jpg
思えば遠くにきたものだ


「中央アルプス」摺古木山の頂上である。

何時もの山である。

7s010.jpg
鮭と泪と男と女


この「三角点」が頂上のしるしなのだが、
この山の「三角点」には※”御料局”の印がある。
これが「御料局(天皇家)」の印である。
(今は、宮内庁)

西には、木曾の霊峰 「御嶽山」が、手をとるように見えている。

7s011.jpg
神田川


北には、直ぐ目の前に「越百(こすも)山)」「仙崖嶺」「南駒ヶ岳」と、 「中央アルプス」の山々が続いている。

7s012.jpg
赤提灯


すぐ隣は「安平路山(あんぺいじ)」

7s013.jpg
結構しようよ


東は「南アルプス」の山並みが

7s014.jpg
私たちの望むものは


あははー
お天気が良いと、この陛下の「お山」は、素晴しい展望なのですが、
残念ながら、こんなお天気でした。

まぁー
雨に降られなかったから良しとしなければ~

それにしても「ギンリュウソウ」が、彼方此方に一杯!

7s015.jpg
順子


人は、珍しいなどと言うけれど、
珍しくもなんとも無くて、本当に一杯にあった。

それよりも、
「ミヤマナナカマド」が一枝だけに紅葉して
花を咲かせていた。

7s016.jpg
夏祭り


この陛下の「お山」
沢沿いには、「オオサワトリカブト」であろうか、
それとも「オンタケトリカブト」なのか?
花は、勿論に咲かせては居ないけれど、一杯にあった。
秋に、また来る楽しみが増えた~♪

そんな事を思いながらに、
山を下って、東沢林道から、大平峠の何時もの
「峠の茶屋」についた。

そこには、
日本を代表する「歌人」
「斉藤 茂吉」の句碑がる。

7s017.jpg
気張いやんせ


「アララギ派」
名前の由来となった集落は、すぐ其処である。

<7s019.jpg
写真クリックで 旧制「旅順高等学校 愛唱歌」


此処の 蕎麦は、実に美味しい!
本当は、蕎麦は今のように「高級食材」なのでは無くて、
米が採れないからの「代用食品」であって、
この辺り一体の各家庭では、どの家でも食べていた。
勿論に、自家製の蕎麦である。
そんな蕎麦を、今年も食べて、
大桑村の人と、わんちゃん、の見送りを受けて、
やまを後にした~♪









スポンサーサイト
Category:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。