野の花大好き 塔

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2010/06/01 Tue
S-toubana.jpg

 塔と言うと本来は”墓”の事なのであるが、
わが国に於いては、鉄塔・テレビ塔なども塔である。
サンスクリット語の「ストゥーパ(stûpa)」が日本に伝わり、
「仏塔(ぶっとう」になったのである。
中国を経由してわが国に伝えられた仏教では、
「ストゥーパ(stûpa)」が卒塔婆(そとば・そとうば)と音写されたのである。
日本に於いては、本願寺宗・日蓮宗は別なのであるのだが、
(それは、釈迦の教えの内、一部だけを簡略化(阿弥陀経)して、経典としているから、)

よく墓に木の板に「凡字」で書かれた供養塔が供えられるのは、
そんな意味なのである。

 そんな事を知っているのと、知らないのとは、
花の名前の理解度が違ってくる。
トウとは、頭(トウ)とは違う。
塔のことであり、アンコールワットなどで見かける”舎利殿”の形に似ているからなのである。
因みに「舎利」とは、ブッタの弟子の一人で、
紀元前五世紀頃に最初に「ストゥーパ(stûpa)」に納められたと言われている。
そんな意味から、シャリ=お骨 と、言われたりする由縁なのである。

総ホウの青い物を「イヌトウバナ」で、
此方のように、海老茶色で筋の入る方を”トウバナ”と呼ぶ。




スポンサーサイト
Category: 野の花
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。