野の花大好き 似ていて否なもの

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2010/06/14 Mon
nagoya-sasayuri.jpg

此方は「長野県産」の”ササユリ”です。
「2009年 6月16日」御岳山麓、月夜沢峠(海抜1750m付近)にて撮影。




「ササユリ」と「ヒメサユリ(オトメユリ)」

知っている人ならば、一目瞭然で違いが判る。
それは、極めて簡単で、「花粉の色が全く違う」からなのである。

 最近、両者共に、バイオ技術が使われて、大量生産が行なわれている。
そんなバイオのユリを、私は園芸店で良く見かけるのだが、
山野で見かけた「野性のユリ」と比べると、
全体的に”しなやかさ”に欠けると思うのは私だけなのであろうか?

以前 尾瀬で”ヒメサユリ”の群落を見たときの感激のせいなのかも知れないけれど、
他所で咲いているのを見ると、そんな疑いの念が払拭されない。
(ヒメサユリ(オトメユリ)の自生地は、「飯豊山地」福島県・新潟県・山形県などの多雪地帯)

 それにも増して問題なのは、
県の試験場(宮城 FL4号)が「園芸目的」で開発した別物を「山に植える」行為である。
そんな
「人寄せ」行為は、(宮城県に自生地が有ったのかは、甚だ疑問である?)

”自然破壊”であり、”生態系の撹乱”以外の何者でも無い行為なのである。

ササユリの場合、
他所では、詳細な調査や環境評価の上に慎重に行なわれると云うに
・・・


※”オシベ”の色の違いに注目!

押し下さい



此方は「愛知県産」の”ササユリ”


S-sasayuri2.jpg


「愛知県 豊田市 松峯町 蒼峯」2010年6月12日 撮影。
スポンサーサイト
Category: 野の花
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。