野の花大好き "いも”と”カモメ”

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2010/07/16 Fri
suro-kamomeduru.jpg


 植物の名前を着けるのも好い加減なものである。



「芋と鴎」では、
イメージとして、随分と違う。



”芋”の代名詞は
ぼっと出の「田舎育ちの娘」である。
俗に言う「イモねぇーちゃん」である。



”カモメ”と言うと、
「マドロス」さん。
パイプを斜めにくわえて
おぃー”オリーブ”元気かぃーって、
お尻に手を伸ばす「ポパイ」のそれである。



「ホウレンソウ」食べれば、元気百倍!!!



あははー



同じ「ガガイモ」の仲間である。



田舎の娘は「ガガイモ」
都会生まれの、俺っちは「シロカモメヅル」であった。



実に”的を得ている”!!!



スポンサーサイト
Category: 野の花

さとっこ >>URL

「ガガイモ」は神代(かみよ)の時代から日本に存在する花として知られている・・・そうですよ!!
よく うまく考えましたこと、拍手ぱちぱち・・・ところで「芋姉ちゃん」とは?

Edit | 2010/07/16(Fri) 08:07:10

acha >>URL

或るときは「巫女」となりて、赤の袴、白の着物を召して、

「高天原の神留座(かむづまりま)す。
神魯伎神魯美(かむぎかむろみ)の詔以(みこともち)て。
皇御祖神伊那岐大神(すゆみおやかむいざなぎのおほかみ)。筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に御禊祓(みそぎはら)へ給(たま)ひし時に生座(あれませ)る祓戸(はらひと)の大神等(たち)。
諸(もろもろ)の枉事罪穢(まがごとつみけがれ)を拂(はら)ひ賜へ清へ賜へと申す事の由を天津神国津神(あまつかみくにつかみ)。
八百萬の神達共に聞食(きこしめ)せと恐み(かしこ)恐(かしこ)み申す」と、
申し巫女を「芋ねぇーちゃん」と、恐み(かしこ)恐(かしこ)み申す。

Edit | 2010/07/16(Fri) 14:07:31

 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。