野の花大好き 剣

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2011/12/30 Fri


雪は思いの他に深かった。

俺はもがいている。
幾らもがいてもチシマザサの上に降り積もった雪は、
そんな俺を、上にには持ち上げてはくれない。
カンジキも滑ってしまう。
せめて、今もがいている場所だけに居たいと思うのだが、
チシマザサは、地獄にむかへと声を荒げている。

「楽になりたい」
下れば、沢である。
「地獄の一丁目」
でも、
息が弾んで、このチシマザサの登りには耐えられない。
もがいていいる。
いくら芦峅寺のカンジキが優れものといったところうで、
これは、いけない。
チシマザサは、雪の重みで、山の斜面を下に向かって穂を伸ばすものである。
斜面の下に向かって、チシマザサは雪の重みを流している。
当たり前の話しなのだが、
それを登ろうと俺は、しているのである。
どだい、無理な話で、
芦峅寺のカンジキの爪は、よく利くとった言ったところで、
無理なものは、無理である。
スキーと山登りは、全くの別物である。
スキーは、雪の上を滑って下れば良いのだが、
山登りとは、
その雪の上を登る遊びである。
山登りで、道に迷って下れば「死を意味する」
”沢は地獄の一丁目”なのである。

俺は、もがいている。
カラーである。
今年、初めて電気毛布を使った。
早月尾根でもがいていた。
・・・


スポンサーサイト
Category: 思い
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。