野の花大好き 柿の花

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/05/24 Thu
S柿
クリックして下さい



月曜日であった。

明日は、お休みの火曜日である。
毎日ではないのだが、土曜日と日曜日と月曜日の三日間だけ、
アルバイトに明け暮れていた。
場所はと言えば、
名古屋駅前にある、と或デパートの絵画売り場であった。
絵画売り場のコーナーは、
文房具売り場の片隅に置かれていても良いようなものなのだが、
それが、意に計らんや、そんな売り場の一等地に置かれているのであった。
お休みの前日と言うことで、
と或約束のため、私は当日、自分の車で出勤して、
当時は国鉄の有料駐車場に車を停めての出勤なのである。
当時、
アルバイトの日給が¥1500円ほどで、国鉄の駐車場の料金が、
一時間¥100であったから、
何のためのアルバイトだったのか、よく分からない話であった。
その
約束のために、車で出勤したのではあるのだが、
そのまま出掛けるかと思ったら、
今夜は、
「約束が出来てしまったのー」
お願い
「明日の、朝にしてー」って言われてしまった。
そのかわり、貴方も一緒に泊まって良いからー
「えーぇー」
なんだい、それー
うん、
「貴方も知ってる、」
七階の文房具売り場の、○○子さん。
うん
「知ってるよ」
髪の長い子でしょぅー
「そぅー そぅー」
彼女と、一緒に、今夜は私のところで食事をしようと言うことになってしまったのー
「あーぁー」
それでかー
さっきケッシ(店員同士の隠語トイレ)の時、
彼女、地下の食品売り場から、一杯買い込んで、ロッカーの方にむかってた

まぁー
日頃のウップン?
俺っちが居ること、お構いなし、
しゃべる、しゃべるー
~~

オレッチは、居場所に困って早々と、そんな彼女の木造アパートで、
TVを見ていたつもりで寝てしまった。


あれー
○○子さんは居ない?

朝になった、一つの毛布を羽織って、二人で寝ていた。

これぁーまずい!
何もしていなけど、していても同じ?

寝ていた彼女を無理やりに起こして、
さぁー
「でかけるよー」

うん
・・・



 春には 柿の花が咲き
秋には 柿の実が熟れる
柿の木坂は 駅まで三里
思いだすなぁー 故郷のヨー
乗合バスの 悲しい別れ



R153号線は、和合・東郷の村を越えると、
この道は、挙母(ころも)ヶ原の北の外れの小高い峠を越えて
市街地に入った。
その挙母の市街地は、二度三度と、右折・左折を繰り返して東進すれば、
程なく、矢作川に架かる橋となって、
越え、更に、上流に進めば「勘八峡」と呼ばれた景勝地だったのだが、
今では、そんな面影すらない。
平戸橋で再び矢作川を渡れば、暫く篠の生い茂り展望の全くに利かない道となった。
こんな道は、勿論に今のように横幅が広い訳では無いし、
簡易舗装が辛うじてしてあると言うだけの話なので、
対向車がトラックだったりすると、すれ違うことすら容易ではなかった。

そんな道では有ったのだが、突然と勿論に単線だったのだが、
鉄道の線路が現れて、「西中金」の駅であった。
ここが、
名鉄 三河線の終点の駅で、奥三河の中心地?
足助の町までには繫がっては居なかった。
そんな訳で、
今で言うなら、わたし「アッシー君」なのであった。
名古屋から、此処まで来るのに一日がかりで、
更に山奥の集落に、また、一時間ほども掛かってしまった。
その娘(こ)の家に辿り着いた頃には、たっぷりと日も暮れてしまっていた。

「じゃー」と、
私は、帰ろうと車に乗り込んだのだが、
「まぁー 待て」
まぁー まぁーと、
「夜道は危ないから」と、
その娘の両親が揃って、「泊まれ」
泊まってってーと、言われてしまい、
一晩、お世話になった事がある。
とても大きな麦藁屋根の屋敷であった。
二階建てでは無いのだけれども、中二階建て?
そこは、蚕(かいこ)さんの部屋とか言っていた。
そんな屋敷の庭?には、
大きな柿木が堂々と植わっていた。

「秋になると」、
この軒先、いっぱいに柿を干すのよぅー
・・・
そんな事を思い出しなら書いている~
あはははー




スポンサーサイト
Category: 野の花

cosmos >>URL

おはようございます。。

今って 柿の花が 咲いてるんですか?

柿の花に 纏わる想い出なんですね。
それにしても 一日がかりの帰郷??
当時は 大変だったんですね。

Edit | 2012/05/26(Sat) 08:04:20

 >>URL

良いお天気です~♪

今ねぇー
昨日、いつも我が家にまわって見えます、郵便局野方に「十六ササゲ」の苗を頂きましたので、
迷ったあげくに、
ミニトマトの苗が植えてありますプランターの両サイドに植え終えたところです。
でもー
考えてみましたら、マメ科植物だよねー
ツルになって登っていくのだろうか?
そこで、
ネット検索しましたら、ツル性と、そうでない性質の二種類があるそうでした。
さてー
貰ったものはー???
てな訳で、
園芸店に行って、ネットと支柱を買ってこようかとー
あははー
「餅より粉の方が、高くなりそうです」
(笑)
うん。
当時は、世界のトヨタには程遠くて、
確か「挙母市(ころもし)」と、呼んでいたと思います。
このR153号線は、
そんな三河丘陵(中央アルプス南端のつながり)を、
縫うようにして、矢作川(やはぎがわ)に沿って、
やがて天竜川(てんりゅうがわ)に沿って、
信州・岡谷につながっている道です。
そんな道を、
一歩山道に入れば、今のように「公共交通機関」が発達している訳では無くて、
乗り合いバスが、せいたけに一日、二往復くらいしか有りませんでした。
そんな訳で「アッシー君」を~♪
あははー

柿の花は、
そうですよー 春おそく、サクラが咲き終わって、
三週間後くらいに、毎年咲きます。
宮城のkuminaさんは、
まだ、柿の花は蕾とか言っていましたよー

あの方のところうの方が、もっとー山の中

あはははー
ではー
好い休日を~♪


Edit | 2012/05/26(Sat) 11:21:34

cosmos >>URL

おはようございます。

ササゲ・・・
そちらの伝統野菜なんですね。
私は お盆のお供えのイメージしかありませんでした。(苦笑

私は よく知りませんが
マメ科だと
やはり ツルになって 大きくなりそうですね。
すぐに ミニトマトを 被ってしまうんじゃないですか?
別に植えたほうがいいかも・・・?

支柱は 設えられましたか?
そちらでは 餅より粉が高くつく。と
言われるんですいね。
そうならないように
上手に 育ててくださいね。

柿の花も 実家の隣家にあったので
子供の頃 見た記憶はありますが
最近は さっぱり・・・
この辺は ちょっと 山手に登れば 
柿畑ばかりなのに・・・(苦笑

今日も 暑くなりそうです。
お気を付けて お過ごしください。。

Edit | 2012/05/28(Mon) 07:48:30

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/05/28(Mon) 08:11:24

acha >>URL

秋さん お早う御座います。


昨日は、久し振りに現場に~
暑かったことに違いはありませんが、
時々、黒雲に覆われて雨が降ったり、
雷鳴が聞こえたり、不安定な天気でした。

秋さんちには、
「おしょろい様」は、お盆に、見えるようですねー
決まった献立で、
むかし通の 作法で拵えて見えるのでしょうか ?
独りになってから、
これが一番の難題でして、わたしは姉に、実家を明け渡して(旅費を肩代わりして)我が家に、泊り込みで来てもらっていましたが、
姉のところも、当然のように子供も自立して、
姉の実家(我が家)子供は来ないし、
逆に、嫁がせた娘(私の姪)が実家に、里帰りするように~、
ことしの「お盆」は、どうなる事やら ?

ところうで、

「 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 」

 これって、正岡子規だったかなー ?

法隆寺は、奈良ですよねー

お近くでしょうか ?

古の奈良の都から、柿の木の苗を態々に運んで、
今では、地域の特産品になった場所があります。
どこだと思いますか ?


「地方に、出掛けた時」
Web友との、”車中の会話”

たまたまに、高校生が群れて下校の途中


「 ほぅーらー 」
いっぱい、アンポンタン

「 気をつけて いってねーぇ 」

うん

「 どこの 高校なのぅー 」 ?
幾らなんでも、踏んだりしたら大変 !

なのよー
「 後で、タイヤに コビリ着いたりして大変」
だからー

ん ?
ん ?
互いに顔を見る~

あははー

本当に
法隆寺の鐘の音が、
正岡子規が柿を食べてた時に聴こえたのでしょか?
それとも「空想」で、聴こえたのか・聞きたかったのか ?

そんな風に、思いません ?
あははー

今朝は、
すこし、曇り空で明けてきました。

好い一日を~♪


。。

Edit | 2012/05/29(Tue) 05:00:35

acha >>URL

小渡温泉

 街中の小さな流れの横には、
一軒の、昔ながらの温泉旅館があった。
その、はしもと旅館の斜め向かいには、粕谷翁の住まいであった。

川は一つの流れのつながりではあるのが、
そんな、
川の流れの、場所の一つ、一つに、
名称、要するに場所の名前の事なのだが、
そんな流れに、名前があることを一般人は知らない。

例えば、
小渡温泉近くの、川の流れの名前を少し書いてみると、
上流から、
「寒ざらえ」・「時瀬(ときぜ)」・「役場した」・「放水した」・「檜原」・「筏返し」・・・

なのどのように、
川の流れを表して、川の流れと共に生きてきた人々の間では、
はっきりと、川の場所が特定できる名前があるのである。

「放水した」とか「役場した」などとの名称は、
近年になって出来た名前ではあるのだが、

「寒ざらえ」とか「筏返し」などの名称は、
矢作川第一ダムや、第二ダムなどが出来る以前からの名前である。


木曾のなぁー 「なかのりさん」~♪

小渡は、
中央アルプス南端からの、三河丘陵地帯の,真っ只中に位置する山の中にある。

そんな中ではあるのだが、
急瀬続きの、山の流れの川の流れにあって、
「なかのりさん(筏師)」が、
下流の「筏がえし」と呼ばれる、
この矢作川の中にあって、最も危険な、
命がけの木材流しの場所を控えての、
休憩場所なのでもあったのである。

そんな最後の「生き証人」が、
粕谷の翁でもあった。

この老人は、
筏師としても、超一流でもあったのだが、
矢作竹(やはぎちく)として、全国に名を馳せた、
竹竿造りの名人でもあった。
其の方の話を聞こうと、
この小渡温泉の、はしもと旅館に、皆で集まったのである。
高齢になられて、足腰も弱られたので、向かえならば良かろうと、はしもと旅館まで来て頂いたのであった。

はい。
良く知っていますよ~♪

Edit | 2012/05/29(Tue) 05:50:17

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/05/29(Tue) 07:35:51

acha >>URL

小渡温泉

粕谷さんは、
亡くなった私の父親よりも、10歳ほども上の方でした。
はしもと旅館へは、三度ほど泊まった事があります。
それは、「沢登りと渓流の会」の新年総会だったと記憶しています。
記憶と、言う限りに於いては随分と古い話です(笑)

うん、
確か、渓流沿いの東側に確か、山野草があったような記憶があります。
東山植物園で、山野草展でしょうか?
楽しみですね~
あははー

私も、暇見つけて、顔を出しても宜しいでしょうか?

一杯、質問をするかも知れませんが、
私にも、色々と、教えてくださいませ~♪



Edit | 2012/05/29(Tue) 18:50:03

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/05/30(Wed) 07:49:48

acha >>URL

ご質問について、

あのWebページは、
サムネイルの写真は、見ることができますが、
殆どの時に、バグ(混乱)していて、
こちらから、表示されている写真はコメントを見る事が出来ないのです。

上に、
「 このwebサイトはNTNコミュケーション株式会社の確認されていないOCNフォトフレンド、アップロードツールを実行しようとしています。
このwebサイトのアドオンを信頼して実行しますか 」

と、常に聞いてきますが、
アップロードツールを実行すると、PCが重くなってしまいますので、
実行をしないせいだと思いますが、
わたしの方からは、サムネイルの写真が見えるだけで、
まともには見ることが出来ません。

御免なさいねー
余分なインストールはしたく有りませんので、
気を使わせているようで御免なさい。


Edit | 2012/05/30(Wed) 09:01:04

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/05/31(Thu) 07:34:05

acha >>URL

Blogでは、つまらない?

Blogでも、お話は出来ますけれど、
リアルタイムじゃー無いから、つまらなく有りませんか?

そんな訳で、
私は、こちらに今、移動をしています。

http://smcb.jp/

「趣味人倶楽部」(しゅみーとクラブ)

ここの人達は、高齢の方が多いのですが、
元の、OCN Cafeと、一番に仕組みが似ていると思って、
此方に移動した訳です。

このサイトは、友達登録をすると、
旅行のサークルなどがあって、頻繁に誘われたりする事もありますが、
「友達登録」を、しなければ、
ミニメールも着ませんから、安心です。

Cafeの方たち 四五人で、
一緒に、此方に移動をしてきましたが、
その後、
相変わらずに、親しくも疎遠にもならずに、
「お友達」のままでいます(笑)

ここの
「収穫ビレッジ」と、言う、
作物を育てる、「ネット・ゲーム」に、はまっています~

あははー

圧倒的に、女性が多いですが、
(子育てを終えた、暇な人)
そんな方に、
今朝も、負けてしまいましたー
あははー

「品評会」で、競い合うのですが、
”おばちゃん”パワーに、圧倒されています~

てな訳で、なるべくPCを、軽くしておきたい訳なのです。

あははー

ではー では~~♪

。。

Edit | 2012/05/31(Thu) 10:56:21

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/05/31(Thu) 18:25:10

acha >>URL

旅は~

お早う御座います。

わたくし、旅は独りで、気楽に気の向くままにしたいので、
シュミュートでは旅は致しません。
うん。
旅のサークルとオフ会は、特に盛んなようです。

まぁー
「趣味人倶楽部」と言うだけの事はあって、
山野草の好きな倶楽部・山歩きの倶楽部・家庭菜園の倶楽部・・・・

実に、多岐にわたってありますが、
わたしは、山登りの倶楽部と、山野草好きの倶楽部に所属をしていますが、

山登りの倶楽部も、
山に登らない山男が多くて(高齢で登れない)
あははー
山野草の倶楽部は、
レベルが低すぎて、いい加減な「同定」だったり、盗掘まがいの事を平気でする人がいたりして
・・・

今一、
ぴんときませんので、「収穫ビレッジ」の、農園で、作物育てて、遊んでいーます~~

あははー

別に、OCN Cafeと、変わりませんが、
ただし、※「お気に入り登録」だけは、慎重にしませんと、
ミニMが、頻繁にきたり、誘われたりもあるそうです。

それだけが、注意事項かな?


そろそろ、
「ササユリ」が咲く頃でしょうか?

豊田市の広瀬の上流の自生地の「ササユリ祭り」
(松ヶ峰 だった?)は、何時でしょうか?

Edit | 2012/06/02(Sat) 04:12:02

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/06/02(Sat) 06:57:02

acha >>URL

ササユリ

今晩は。
なんだか、少し蒸し暑いですねー

「ササユリ」はねー
わたくし、大好きな植物の一つです。
まだ、母親の従兄弟の方が元気な写真。

近くの山も、わたしねぇー
母親から、相続しましたが~
「マツタケ」・「ササユリ」・「ホソバシャクナゲ」も、自生をしていましたが、
おじさん(母の従兄弟)と違い、
住まいが、名古屋ですので、手を入れられなくて~
・・・
すこしだけですが、
マツタケは、ほとんど、地元の方に先に採られてしまいますが、
有りますし、
ササユリも若干あります。

松が峰の婦人会の、拵えた「しいたけ弁当」
美味しいです~♪

参考に

http://sky.geocities.jp/tonbocyan121/tag/6-3-sasayuri.txt


Edit | 2012/06/02(Sat) 17:45:11

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/06/02(Sat) 19:03:28

acha >>URL

ササユリ

ササユリ祭りは、
6/9日からとか伺っていますが、
少し早いかも知れませんが、静かで宜しいかと思います。
が、
わたしは、あそこの婦人部の方々が拵えてくれます
「しいたけ弁当」
これも、目的の一つで御座いまして、
祭りの最中に、お邪魔をしようと思っています
あははー

また、
出かけられましたら、開花の情報を教えてください~♪

Edit | 2012/06/03(Sun) 09:33:28

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/06/03(Sun) 18:02:58

acha >>URL

ご馳走様でした。

今晩は。

よかったですねー
そんな風にして、二人で出掛けられるのも、
幸せと、言うものですよー

今日は、私の祖母と、二人の命日でして、
月経の和尚と、暫く話を

月日の経つのは、早いものです。
・・・
うん。
「しいたけ弁当」は、食べに出掛ける予定です~♪

Edit | 2012/06/05(Tue) 20:22:20

 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。