野の花大好き オオバキスミレの自生地を訪ねて。

プロフィール

acha1

Author:acha1
飛行機が大の苦手。
空気より重いものが空にある~不思議と思いませんか?

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2010/05/17 Mon
5-17-s001.jpg

 ここは、此花の南限の場所と従来はされていた場所である。
近年になって、島根県の大山近くの山で”ダイセンキスミレ”では無くて、
こちらの”オオバキスミレ”が発見されて、南限が改められた。

この「オオバキスミレ」には、地域変種が存在をするのであるが、
その違いは明確ではなくて、例えば此処の福井県と滋賀県の県境の山の
オオバキスミレとダイセンキスミレを見る限りに於いて、
区別は難しいし、
長く栽培した、自宅のオオバキスミレと、自生地のこれと比較した方が、
はるかに違いが感じられる。
同じ地域変種といっても、新潟県と長野県の県境の山に自生する、
”ナエバキスミレ”と、此処の個体の方が、
葉の厚さが違い、勿論に共に「豪雪地帯」ではあるのだが、
感覚的に「ナエバキスミレ」の方が、薄くて柔な感覚がする。
ナエバの方が、より一層に”ミヤマキスミレ”に近い感覚がする。
ナエバキスミレは、(花の大きさに対して、葉が大きく薄い)
以前に見たことがある、加賀の白山に咲く”オオバキスミレ”に近いきがした。
秋田駒ケ岳の”オオバキスミレ”と、
南蔵王の屏風岳付近に「隔離分布」しているオオバキスミレとの比較はどうなんであろうか、
すこし気になるところうである。





スポンサーサイト
Category: 野の花

さとっこ >>URL

おはようございます。
私の鉢植えの「イナバキスミレ「と比べてみましたが、葉が下のほうの葉が丸い気がしました。 
今年 蔵王の花見てみたいと思っていますが わかっている人と行かないとだめですよね・・・


Edit | 2010/05/17(Mon) 07:13:02

acha >>URL

こんにちは。
”苗場黄菫”
漢字で書くとこの字になります(笑)
八月になりますと、まわりの草が大きく草丈を伸ばしてきますので、
たまたま”草刈”をした場所(以前見つけました駐車場)の横の草むらのように、
見つけるのが大変だと思います。
ひょっとしたら六月の中旬くらいでも、
雪解けにもよりますが、今年は寒かったですから、見ることが出来ると思います。
”ミヤマキスミレ”や”タカネスミレ””キバナコマノツメ”などは、
北アルプスですと、七月の中旬過ぎでも花を咲かせています。

Edit | 2010/05/17(Mon) 17:53:03

 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。